DHA・EPAサプリをもっと知りたい

うつ病にDHA・EPAサプリは有用か?

投稿日:

うつ病にDHA・EPAサプリは有用か?
評価してください

うつ病うつ病にDHAやEPAのサプリメントが有用であるという明確な研究結果は出されていませんが、DHAやEPAそのものが何らかの作用を及ぼしていることは確かです。
そもそもうつ病自体が原因不明の病であり、確定診断もとても曖昧なものです。
原因の一つとして挙げられるのが脳内のセロトニンの分泌異常ですが、DHAにはこのセロトニンの働きを活性化する作用があると言われていますし、EPAについては重症患者ほど血中の数値が低いというデータもあります。
これらのサプリメントを摂取することにどれほどの有用性があるかは不明ですが、決して無駄になることはないはずです。

目次

魚に含まれるDHAとEPA成分がうつ病を改善する

うつは現代病と言われているので、現在悩んでいる方は決して少なくないはずです。
考え方を変えたり、食生活の見直し、運動を積極的に行う等の改善方法がありますが、DHAやEPAを摂ることも良い対策方法になります。
魚に含まれているDHAやEPAがうつ病の原因になっている神経伝達の不具合や脳の偏りといった問題を解決してくれるので、魚を意識して多く摂るようにするべきです。また、効率よくDHAとEPAを摂取することができるサプリの利用も良いと思われます。最近のサプリのクオリティはかなり高いので、利用してみる価値は大いにあります。

魚介類が持つ予防効果!DHAとEPAに代表される脳活性化成分の違い

DHAは主に脳内の神経物質に働きかける作用を持っています。脳内の細胞が死ぬのを防いだり、活性化する効果が期待でき、記憶力や判断力の向上が期待できます。一方、EPAは主に血液に対して働きかける作用を持っていて、血行を良くいたりアレルギーの予防効果等があるとされています。
脳内への作用としては、セロトニンの動きを活性化させる働きを持っているため、認知症やうつ病の予防効果が見込めます。

重症うつ病はDHA・EPAの低下に関連しているらしい

青魚に多く含まれていると言われるDHAはこのセロトニンの活性を助ける作用があると近年期待されています。
またDHAとは兄弟分にあたるEPAも効果があるのではないかと言われるようになっています。
治療に対して有効な結果が示されるデータはまだないようですが、うつ病患者の血中のアラキドン酸/EPA比を調べたところ、重症度が増すにつれてアラキドン酸比重が増え、軽症になるにつれEPAの値が高いという相関関係が認められています。

うつ病に効果があるとされるDHAとEPA

実験や調査によると、魚に多く含まれるDHAやEPAの効果のひとつとして、うつ病の改善が指摘されています。そして、魚を多く消費する国では心の病になる人が少ないというデータがあります。さらに、病の程度が軽いほどEPAの値が高いというデータもあります。また、魚をよく食べている人は自殺率が低い、とも言われています。DHAやEPAを摂取することで脳内のセロトニンの働きを高めます。
セロトニンは、心身の安定や心の安らぎなどに影響をあたる物質です。そのセロトニンの働きが高くなるので、うつ病や自殺を抑制しているのではないかともいわれています。

魚をたくさん食べるとうつ病を予防できる!魚のDHAとEPAに天然の抗うつ効果

魚をたくさん食べることでうつ病の予防に効果的だと言う研究結果が出たと言われています。特にアジ・イワシ・サンマ・サバなどといった青魚には動脈硬化を抑えるというEPAやDHAというオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているからです。
その上、高品質のタンパク質やビタミン、ミネラルが含まれていることも病気のリスクを下げるのに大きな役割を果たしているのです。

DHA・EPAの力を借りて、うつ病ストレス社会を乗り切る!

どんな人、どんな時代でもストレスというものはあったはずです。
つい100年ほど前までは、まさに何とかして命をつなぎ、今日そして明日と生きていくことそのものがストレスの連続だったに違いありません。
今でも先進国に住む人以外ではそういうストレスも多いでしょう。しかし、現代日本では別の意味でストレス社会になっています。
時代の変化、状況の変化が激しく、それについていけないということでうつになる人も多いです。うつの改善に効果があると期待されるのがDHAやEPAと呼ばれる不飽和脂肪酸です。DHAやEPAの力でストレス社会を乗り切りましょう。

サプリでうつ病は改善するEPAとは?

DHAとは、脳を元気にしてくれる必須脂肪酸です。体内でつくられることはなく、健康食品などで摂れます。摂取すればするほど、神経のすべてが活性化します。
最近では、サプリ1つでうつ病さえも改善できると唱えられています。その理由は、EPAです。EPAとは、DHAと同じく必須脂肪酸です。DHAとは兄弟のような存在であり、様々な病気に役立ちます。構成成分が違い、この2つが補いあいながら脳内血管を良くします。うつ病の原因は、ストレスにあります。DHAとEPAがストレスホルモンを抑え、健康食品が見直されています。

鬱(うつ)・精神的な悩みにDHA・EPA効果と副作用について

精神科にかかるのはちょっと気が引けるという人や、日々の習慣から少しずつ鬱状態を改善できればという人にとっては、DHA・EPAのサプリを摂取してみるのもひとつの手です。例えば、DHAは、鬱病の要因となる神経伝達物質である「セロトニン」をうまく機能させる効果があるとされており、鬱病の改善に期待されています。
一方で、DHA・EPAには、血圧を低下させる効果がありますので、血圧が低い人などにとっては、その副作用を注意する必要もあります。

うつ病への効果効能が期待されているDHA・EPAをチェック!

薬ほど強力な効果はないので、うつ病の対策としてはコストパフォーマンスが悪いかもしれません。しかし、積極的に青魚や刺身を食べるようにして、足りない分をサプリなどで補うようにすると、個人差はありますが、大きな効果が出るかもしれません。

うつ病や精神を安定させる-DHA・EPAの効果と副作用

魚をたくさん食べる地域ではうつ病が少ないことから、精神安定の効果もあることが言われています。しかし、医学的にはまだはっきりとうつ病に効果があることは証明されていないようです。

うつ病を予防したり、頭がよくなったり、若者がキレにくくなったりといった効果もあることが、調査によって分かっています。カルシウムがイライラを抑制してくれるのと同じで、EPAやDHAにも脳の働きに関わる効果があるようです。薬ではないので、副作用は特にありません。大量に摂取すると副作用が出る可能性もあるので、適量を摂りましょう。

DHAとナイアシン効果の関係性

DHAは脳の活性化を促す栄養分として有名ですが、精神安定作用も認められており、うつ病や不眠症の予防・改善効果が期待されています。
DHAは青魚に豊富に含まれています。青魚とは背中が青っぽい魚のことで、イワシ、サバ、サンマなどがあります。こうした魚には、精神的な病の予防・改善と深い関係性があります。その理由は、青魚にはナイアシンという成分も多く含まれていることです。ナイアシンは体内でエネルギーを作るのに必須の成分で、不足すると皮膚炎や胃腸障害の他、イライラや不安感といった精神面での症状も引き起こします。つまり、DHAとナイアシンを両方含む青魚を積極的に食べれば、うつ病や不眠症のような精神状態に起因する症状の改善に効果があるのです。

抗うつ作用も!オメガ3脂肪酸の効果と副作用

抗うつ作用オメガ3脂肪酸には認知症の予防や免疫疾患、脳血管障害、アレルギーなど現代人が悩む多くの疾患に効果が認められています。一方、一日当たり700㎎以上摂取すると血液低下や出血、血糖類への影響などの副作用があることが判明しています。もっとも、DHAのサプリメントや食べ物から通常摂取する量では副作用の心配はありません。

マジ?うつ病や精神安定にDHAやEPAが効果的って本当?

それは、DHAやEPAが海馬に作用している、脳内麻薬の受容体に作用する、抗炎症作用により精神・身体のバランスを整えるためだとされています。また、ある調査によると魚を食べない国ほど治安が良いという報告があります。DHAとEPAはそれぞれ単独に摂取するよりも2つ合わせて摂ると効果が増すといわれています。魚が嫌いでサプリから摂取しようとするなら、単独のサプリよりも2つの成分が入ったものを選ぶと効果的です。

抗うつ作用も!オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果と副作用

DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸の魅力については、多くのメディアで特集が組まれる機会が増えてきており、常日ごろから便利な情報をキャッチすることがとてもおすすめです。
また、使い勝手の良い健康食品の選び方をマスターすることによって、多忙な生活を過ごしている現代人にとって、DHAやEPAなどの成分を効率よく摂取することが可能となります。
もしも、DHAやEPAの効能に関して知りたいことがある場合には、経験豊かな医師や薬剤師などに相談をすることにより、空き時間を使いながら役立つ知識を身に着けることが良いといえます。

DHA・EPAサプリでうつ病は改善するって本当?
うつ病は改善するって本当?DHAは脳の働きを活発にして記憶力向上や学習能力向上に効きます。EPAは血液をサラサラにして血栓や動脈硬化等の病気を防ぐ働きがあります。
このふたつは一緒に摂取することで相乗効果となります。この他に思いがけない効能として「うつ病改善」があげられています。本当にサプリメントでそのような効能を期待できるのでしょうか。DHAを含む魚を沢山食べる地域や国はうつ病になる率が比較的少ない。また、魚を食べている方が自殺率が低いという統計があります。DHAは神経系統に働きかけます。それに含まれる成分が、脳に不足しているセロトニンを増やすよう促し、その結果として病に効くというメカニズムが説としてあります。
しかし、これは仮設であって科学的根拠は確立されていません。医師に相談の上で、補助的なものとして摂取することをお勧めします。

うつ病や精神を安定させるDHA・EPAサプリの効果を解説!

DHAやEPAサプリですが、最も大きな効果としては、体内の脂質バランスの異常を改善させることです。血液の健康にも素晴らしい効果を発揮します。
さらには、脂質バランスの異常が原因の一つであるアレルギーや炎症の改善にもあわせて効果が期待できます。ところが、DHAやEPAの効果はそれらだけには留まりません。DHAやEPAには、脳内における神経伝達物質であるセロトニンの量を増やす働きがあることから、うつ病や精神の安定にも効果があると考えられています。

DHAとEPAの注目すべき健康効果

健康効果は!?DHAとEPAは脂の一種です。温度による性質の変化が起こりにくいので、体に対して負担が少ない、逆に良い作用をもたらすとされています。注目すべき効果としては、DHAとEPAにはうつ予防に対して効果が期待できると言われています。これはひとつには、この2つが血流を良くするためです。血流が促進され脳に行き渡る血液量が多くなれば、脳細胞の活性化につながりうつを防ぐことに良い影響がもたらされると言う具合です。また様々な研究では、DHAやEPAにはストレスを軽減させ、精神の安定にも作用があることが明らかにされています。ですから、うつ予防にも効果が期待できるというワケなのです。

DHAとEPAの効能がうつ病対策に良いと聞くけど本当なのでしょうか?

日本でもうつ病の罹患率が増えてきており、社会問題になってきています。うつ病対策にDHA・EPAが効果的という報告がありますが、これは本当なのでようか。
きっかけは、魚の消費量が多い国ほどうつ病になる人が少ないというデータが出たからです。他にも、うつ病の症状が軽い人ほどEPAの値が高いという報告や、魚を普段から食べる人はそうでない人に比べると自殺率が少ないという報告も出ており、精神症状との関連性が高いのではないかと言われています。では、どのような効能があるのでしょうか。
DHA・EPAを摂取することで、脳内のセロトニンの働きを高めることができます。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、私たちの気持ちを落ち着かせたり、意欲的になったりと精神的な安定のために非常に重要な役割をもっています。セロトニンの働きが高まることでうつ病の対策になるのではないか、と言われているのです。

DHA・EPAサプリはうつ病に効果がある「心のサプリ」なのか?

DHAとEPAは、生活習慣病に良いと言われますが、それ以外にも色々な特徴があります。よく、DHAは血液に混じって頭脳に流れる数少ない物質で、頭脳を活性化するといいますし、体内でEPAからつくられると言われています。
脳の血流が良くなれば、心の病やうつが減少すると考えられています。実際、魚の消費量が少ない国はうつ病の発症率が高いと言われています。また、これらの摂取により、所謂切れることが少ないという実験もあるようです。こころのイライラには、カルシュームが良いと言いますが、こころのイライラには、DHAとそれと相乗効果のあるEPAが良い、とも言えるのです。

うつ病に有用なEPAとは?

注目したいのがうつ病にも効果があるということです。DHA・EPAを摂取することで脳内のセロトニンの働きを高めることができます。セロトニンは感情のコントロールに関係しており、セロトニンの働きが高まることで攻撃性が抑制されます。それが精神的な安定につながり、うつの症状のある人に効果があると言われているのです。

魚油(DHA,EPA)に精神病の発症を予防する効果、DHAとは?

DHAとは簡単に言うと人間の体に必須の栄養素の一つである脂肪酸です。脂肪酸とは、脂を構成するもとになるもであり私たちの体の重要な部分である脳や目、心臓などに多く含まれています。しかし、大切な栄養素であるにも関わらず自分で生成することのできない成分であるため食事などで外部から摂取することが必要になります。
そんなDHAですが、精神病にも効果があると言われています。DHAとは、人間の機能を円滑にするための効果だけと思われがちですがストレスを軽減することもできます。こうしたストレスの軽減が精神の安定につながり結果としてうつ病の改善や精神の安定に繋がるという効果が期待されています。

DHA・EPAサプリによるうつ病改善作用

魚の消費量の多い国ほど、うつ発症率が低いということから研究されています。
最近では、日本でもうつ病という言葉はよく聞きますが、他の国と比較するとまだまだ発症率が低いのです。
逆に、魚の消費量の少ない、ニュージーランド、ドイツ、フランス、カナダなどは、発症率が高くなっています。
DHAには、以前から脳に良い影響を与えるということで知られていましたが、この病の症状が重いほどEPAが低値で、軽いほど値が高くなっており、EPAも関与しているのではと研究されています。

精神的な落ち着き・攻撃性を減らす効果のあるDHAの副作用とは?

うつ病DHAには、脳や神経の機能を安定化させるという効果もあります。青魚をたくさん食べている人は、自殺率が低かったり、うつ病などの精神病にかかりにくかったり、若者がキレにくかったり、というデータがあります。
DHAには、精神的な落ち着き、攻撃性を減らす効果があるということです。副作用を心配する人がいますが、薬ではないので、副作用はありません。しかし、青魚には脂肪などもたくさん含まれているので、あまり食べ過ぎるとよくありません。適量を食べるようにして、足りない分はサプリメントなどで補うようにしましょう。
サプリメントも薬ではないので、用量を守っていれば、副作用の心配はありません。

DHA・EPAってうつ病に効果ありますか?副作用はありますか?

DHAやEPAは主に魚に含まれる成分ですが、魚の摂取量とうつ病の患者数に相関関係があることから、うつ病に対して何らかの良い効果があるのではないかと言われています。うつ症状が出る原因としては、脳内の神経物質であるセロトニンが不足していることが挙げられています。DHAやEPAは神経物質に働きかける効果があることから、症状の改善に関与しているのではないかと分析されています。認知症の予防等たくさんの良い効果を持っているとされていますが、摂取しすぎると副作用が起きる可能性もあります。下痢や吐き気等が食べ過ぎた時の症状として見られます。

うつ病の改善にDHA・EPAを摂取しよう !2つの効能について詳しく解説!

現代の日本人の多くが悩まされているうつ病。その症状の改善に、DHAやEPAが役立つと言われていますが、その効能について詳しく説明します。これらのオメガ3脂肪酸は、血液の流れを良くしたり血管の弾力をアップさせたりといった効果があると言われています。

また、DHAは脳細胞を活性化させる効能があるとされています。脳細胞が活性化することにより、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌が促進され、うつ病の改善に役立ちます。セロトニンが不足している人は、他人に対して攻撃的になったり自殺願望が強くなったりします。脳細胞を活性化させ、セロトニンの分泌を促すことが、うつ病の改善にもつながると言われていますので、是非DHAやEPAを摂取しましょう。

DHAサプリ「きなり」は、うつ対策にも有効です!

DHAサプリの「きなり」についてご紹介させてください。最近はDHA成分は健康に良いと大注目されていますからね。
ほとんどの日本は十分なDHA,EPAを摂取していないとの現状の中で健康促進のことを考えるとこのサプリメントは頼りになります。
体力的なことから精神的なことまで、DHAは幅広い健康効果があるのです。中でも脳の健康には高い働きがあるとされていて、考える力をサポートしてくれるのです。そのことから「うつ病」の予防や改善に効果があるされていて、うつ病が気になる方には積極的に摂取してほしいサプリメントです。

うつ病の予防・改善に効果的 DHA・EPAサプリと副作用について

実際、うつ病の人とそうでない人の脳内の血流を比べると、少し違いがあることがわかっています。また、DHA・EPAサプリは医薬品ではないので副作用の心配はありませんが、うつ病の薬との兼ね合いで心配な方は医師と相談しましょう。

DHA/EPAが【うつの改善効果がある】と言われている理由と副作用

脳内のセロトニンは神経伝達物質とも呼ばれ、脳の器官であるシナプスの間に媒介する物質となります。
そこでDHAはセロトニンの量を増やす効果はないですが、シナプスの働きを良くすることは可能です。シナプスの働きが良くなることでセロトニンの量が減ってもうつの改善効果をもたらすこともできます。このようにうつを改善できる効果がありますがDHAはうつには効果的でありますが、過剰に摂取した場合には副作用が起きることもあります。副作用には吐き気や下痢、出血が止まらないというのが存在します。

うつ対策にDHA・EPAがイイ!

DHAやEPAは、うつ対策に有効だとされています。
DHAは、日常的に摂取することでストレスに基づく症状であるADHDやキレやすい、不眠などの症状緩和にも有効だとされています。
DHAやEPAを摂取することで、神経伝達物質であるセロトニンの利用効率を高める働きが期待できるとされています。発症のきっかけが失業や不況、人間関係などの社会的ストレスであることが多いため、セロトニンの働きを高めておくことが対策のひとつとされています。

DHA・EPAは、うつ病患者への改善効果が認められている栄養素

DHAの摂取実験では、人の攻撃性やストレスを緩和する効果が認められており、うつ病患者に対する血液検査では、症状の軽い患者ほど血液中のEPAの値が高いというデータも示されています。また、魚の消費量が多い国ほど自殺者が少ないという調査結果や、自殺者の脳を調べてみた所、他の理由で死亡した人の脳に比べてDHAの量が極端に低くなっているという調査報告もあります。
しかしながら、改善までの効果を得るには、毎日それなりの量を継続して摂取しなければ意味が無いとも言われています。そのため青魚などの食べ物から摂取し続けるには限度が有るため、サプリメントなどと併せて摂る事が必要となります。

EPAやDHAは精神安定・うつ病改善にも効果もあるが副作用もある

普通にEPAやDHAを摂っていただけでは、それほど大きな精神安定の効果は期待できないようです。うつ病の効果を期待するなら、たくさん摂らなければならないでしょう。

副作用はありませんが、魚には脂肪などもたくさん含まれているので、食べすぎはよくありません。サプリなども利用しましょう。

DHA、EPAとうつ病への効能

魚を多く消費する国は鬱病を発症する事が少ない問い言う相関関係のデータが有ります。例えばEPAは鬱病の人の赤血球膜のアラキドン酸との比率に関係していてアラキドン酸が高いと鬱病が重く、逆にEPAの値が多い程鬱病の症状が軽いと言う関係性が認められています。

特にDHAは血液中に少ない人は攻撃性が高くキレ易いとされています。DHAが不足すると脳内のセロトニン分泌が鈍くなるためキレてしまうのです。セロトニン分泌は鬱病にも関係しており量が多い程効果的とされています。

DHA、EPAで長期療養を脱出

長期療養にピリオドを打つために、DHA、EPAの摂取が効果的と考えられています。DHA、EPAが直接セロトニンの分泌を増やすわけではありませんが、神経伝達物質を活性化させる作用があるため、減少したセロトニンの働きをサポートすることができるのです。

またEPAには血の巡りをよくする作用がありますので、血流を正常に戻す効果が期待できるのです。

ただし、うつ病は様々な要素が複合的に絡んで発症するものですので、これらだけで改善するというわけではなく、きちんとした治療を一緒に受けることが長期療養にピリオドを打つために必要です。

-DHA・EPAサプリをもっと知りたい

執筆者:

関連記事

DHA・EPAサプリと一緒に摂取するといいビタミン

DHA・EPAサプリと一緒に摂取するといいビタミン評価してください 健康のために「ビタミンE」とDHA・EPAサプリを同時に摂るように工夫しましょう。 ビタミンEは食材から摂取できるものですが、ナッツ …

ストレス

血栓ができにくく品質が高いDHA・EPAサプリ

血栓ができにくく品質が高いDHA・EPAサプリ評価4評価総数13 食生活の乱れ、喫煙、寝不足、ストレスなどが原因で血流は悪化するので、これを解消するためにDHA・EPAサプリを摂取しましょう。製薬会社 …

高コレステロール

悪玉コレステロールに対するDHA・EPAサプリの評価

悪玉コレステロールに対するDHA・EPAサプリの評価評価3.9評価総数12 悪玉コレステロールが溜まると血液をドロドロにするだけでなく、肥満や便秘の原因ともなります。 年齢を重ねることで腸内環境が悪く …

アトピー

DHAサプリでアトピー、アレルギーを改善

DHAサプリでアトピー、アレルギーを改善評価4評価総数11 アトピー性皮膚炎ってホントになかなか治りませんよね。私は、小学校低学年頃に発症してから、既に30年を過ぎました。とても長い付き合いです。重度 …

Scroll Up