DHA・EPAサプリの効果

DHAとは?EPAって何?それぞれの役割について

投稿日:

クルミDHAやEPAとは、簡単に言うと脂質の一種です。ですが温度の変化によって性質が変化しにくいと言う特質を持っていることから、体に対して負担が少ない、良い効果を期待することができる栄養として知られています。たとえばDHAは脳に存在している脂質であることから、記憶力や認知力に対して効果があるとされています。またDHA、EPA共に血流を促進させる作用があることから、悪玉コレステロールの除去や動脈硬化の予防などに対しても効果が期待できます。これらの栄養を多く含んでいる食品としては、ひとつは青魚が挙げられます。また生体内でこれらに変換されるαリノレン酸を含んだえごまやクルミなどもおすすめです。

低用量DHA食品でも動脈硬化、認知機能に効果!DHAとは?

老人今話題の成分DHAとは人間の体に必要な必須脂肪酸です。そして体内ではほとんど作られず、外部から意識して摂る必要があります。
この重要な成分DHAとは特に青魚に豊富に含まれていますが、食生活の欧米化により栄養のバランスが崩れ、多くの人が不足しているのが現状です。効能効果として、動脈硬化の予防、老人性認知症の予防、改善があります。また、様々な生活習慣病を予防する働きも期待されています。1日あたり約2gの摂取で効果が期待出来ると言われ、低用量の食品であっても継続して摂取し、サプリメントなどで補うことが大切です。

サプリメントでも?コレステロール値を下げるのに効果ありのDHAとは?

DHAを摂取すると肝臓内での中性脂肪の合成が抑えられて、血中に放出されるくっついた状態の量も減るので、中性脂肪とコレステロールの放出量が減ります。

肝臓から放出された後のコレステロールが組織に取りこまれやすくなり、体内での循環能力もあがあります。
これらのことからDHAとはコレステロール値を下げる効果があるといえます。

DHA – 身体にどんなメリットがある?

DHAは不飽和脂肪酸です。そのためエネルギーに変わりやすく、脂肪として身体に蓄積されにくいので太りにくいというメリットがあります。DHAは脳にも作用します。脳に届くことで頭を柔軟にし、記憶力・学習能力を向上させることができます。

コレステロール・中性脂肪を下げる・DHAの血液サラサラ効果

血液サラサラと言うと、EPAを思い浮かべる事が多いですが、DHAにもこの効果は期待出来ます。
青魚をメインとした料理を多く食べる様に心がけると、動脈硬化を予防する事が出来ますので、心筋梗塞等の生活習慣病のリスクを減らせます。
鰻(ウナギ)に多く含まれていて、次いで鮪(マグロ)のとろ、鯖(サバ)、鰤(ブリ)となっています。特に魚の頭の部分に多く含まれていますので、あらを使った料理を食べると効率良く摂取する事が出来ます。

サプリの形状が特徴的なEPAとは?

サプリの形状が特徴的EPAとDHA、この2つはどちらも一種の脂肪、油なのです。そのため錠剤や顆粒剤にすることが難しく、軟カプセル剤と呼ばれる柔らかいカプセルの中に成分を入れたものや、あるいはビーズのような粒状にした形状のサプリメントなどが作られています。

魚嫌い必見!魚以外でEPAを多く含む食材・食品は?EPAとは?

青魚に多く含まれているDHAとEPAは身体に良いと言われますが、魚嫌いな人はどうしたら良いのでしょう。
どちらとも、生活習慣病に良いと言われます。具体的に、この二つの栄養素についてみてみます。DHAとは血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする働きがあります。一方、EPAとは血小板が固まることを弱めることで血栓を作りにくくします。
いずれも、内臓から吸収されますが、DHAは脳にまで入り込む特性があります。つまり、DHAとは脳の活動を活性化させます。いずれも、サプリメントで十分に摂取できます。さらに、サプリメントではDHAとEPAの両方が含まれている製品が多いようです。両者はDHAが体内でEPAからつくられるという相乗効果があります。

魚が原料のサプリメントEPAとは?

EPAは人体で作れ無いため、成人病予防の為、青魚を原料としたサプリメントを取得することが大切です。
これに対し、DHAとは、脳等の神経系に含まれる物質で、摂取すると頭が良くなるのではないかと言われている物質ですが、まだはっきりと解明はされていません。したがってDHAとは、乳幼児に有効なのではと考えられています。

DHA・EPAの効果とサプリメントの違い

毎日のように魚を食べていれば理想的ですが、これらの成分は酸化しやすいことも知っておく必要があります。サプリメントは酸化に対抗する構造になっているために、実際に摂取したDHAとEPAを効率よく吸収させることができるのです。
この違いは明瞭ですから、普段の食事では発揮できない効果を引き出すことが可能になります。酸化に強い構造になっているために、血液サラサラの効果も強固になり、結果的には全体的な老化に対抗できるようになるわけです。

DHA・EPAの効果やサプリメントの違いと選び方を解説

簡単な解説をさせて頂きますと、DHAは神経系の細胞の成分となるために、血流に乗って脳まで送られ、通常通り抜けることが出来ないような箇所にまで届いてくれ、記憶を司る海馬に集められ、記憶力を高めるなど、脳にとって良い成分になります。
EPAは血液をさらさらにする効果が非常に高いです。
選び方としては、記憶力などを高めたいと思った時にはDHAが多く含まれている物を選び、血管を若返らせたい場合はEPAが多く含まれているサプリメントを選びましょう。

DHA・EPAサプリは本当に効果あるの?選び方のコツ

DHA・EPAが健康に良いということはよく知られていますが、本当に効果があるのかと疑問視している方は少なくありません。

しかし、DHA・EPAの中性脂肪減少効果は消費者庁が最高評価のAランクを与えているということを無視してはいけないでしょう。国が認めているということになりますので、得体の知れないものよりは安全かつ期待できます。選び方のコツですが、DHA・EPAをどのような原材料から抽出しているのかは注目したいポイントです。
参考 » DHA・EPAの中性脂肪減少効果は消費者庁の評価A

また、非常に酸化に弱い成分になりますので、酸化対策にも注目して選ぶといいでしょう。

-DHA・EPAサプリの効果

執筆者:

関連記事

効果なし

DHA・EPAサプリは効果なし?

ダイエットに効果がある場合は、「何キロ痩せた!」って具体的な数値が目に見えてわかります。薄毛に効果がある場合は、「毛が生えた!」という具体的な視覚的な変化が目に見えてわかります。その一方で、DHA・E …

dha サプリ

DHA・EPAサプリメントにはどのような効果があるのか

DHAは健康サプリの中でも最も人気の高い成分の1つです。その人気の秘密は、脳内での働きにあります。DHAは脳の中でも特に海馬と呼ばれる、記憶や学習能力をつかさどる部分で働きます。しかし体内では作ること …

ダイエットサプリ?コレステロールサプリ?EPA・DHAの効果

ダイエットサプリとして、DHA・EPAサプリは良い効果が得られると思います。DHAには体内で増える脂肪を分解する成分のサポート役として縁の下の力持ち的な役割を果たしているのです。一方、EPAには血糖値 …

花粉症

DHAサプリの花粉症・視力向上に対する効果について

花粉症に悩んでいる方は、DHAサプリの利用をおすすめします。血流をよくしてくれる成分を摂ることは、必然的に免疫向上につながるのです。免疫が弱くなっているときは、決まって血流もドロドロになっています。 …