DHA・EPAサプリの効果

DHA、EPAそれぞれの役割、違いについて

更新日:

DHAとは?EPAって何?それぞれの役割、違いについてDHAとEPAはいずれもよく聞く栄養素ですが、2つには明確な違いがあります。

DHAとEPAは、共に脂質の一種で、脂質の中でもn-3系脂肪酸に分類されます。

DHAとEPAは、人間の体に必要な必須脂肪酸です。

温度の変化によって性質が変化しにくい特質を持っており、体に対して負担が少ない、良い効果を期待できる栄養として知られています。

簡単に区別すると
DHA=脳や神経系の健康維持
EPA=血管の健康維持
です。まずは、DHAの役割から説明します。

DHAの主な役割

脳に働きかける

記憶を司る海馬に集められ、記憶力を高めるなど、脳にとって良い成分です。

内臓から吸収されますが、DHAは脳にまで入り込む特性があります。

DHAは神経系の細胞の成分となるために、血流に乗って脳まで送られ、通常では辿り着けない箇所にまで届いてくれます。

DHAは特に成長期の子供にとって非常に重要な栄養素で、脳の構成成分を活性化させることにより、記憶力や論理的思考力の向上も期待されています。

脳に届くことで頭を柔軟にし、記憶力・学習能力を向上させます。

認知症予防にとっても一定の効果がある可能性があります。

つまり、DHAは、脳の活動を活性化させます。

生活習慣病予防へ

DHAを摂取すると肝臓内での中性脂肪の合成が抑えられて、血中に放出されるくっついた状態の量も減るので、中性脂肪とコレステロールの放出量が減ります。

肝臓から放出された後のコレステロールが組織に取りこまれやすくなり、体内での循環能力も上がります。

よって、DHAにはコレステロール値を下げる効果があると報告されています。

DHAは不飽和脂肪酸です。そのためエネルギーに変わりやすく、脂肪として身体に蓄積されにくいので太りにくいというメリットがあります。

血液サラサラDHAにもこの効果は期待出来ます。

血管、血液に対するはたらき

DHAは血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする働きがあります。

EPAの主な役割

EPAは、血小板の硬化を弱め血栓を作りにくくします。

血栓を作らせない作用があることから血流を促進し、血管の疾患を予防する効果があります。

EPAは、動脈硬化を予防できますので、心筋梗塞等の生活習慣病のリスクを減らせます。

DHA・EPA 共通の役割

DHA・EPAともに青魚に多く含まれています。

体内に入ると細胞の活動や修復を助け細胞壁の流動性を高めてくれます。

脳細胞に及べば脳細胞の繋がりをスムーズにし、神経伝達物質の生産を高めます。

血液細胞や血管に及べば血液がサラサラになり、また血管壁の修復を助け血液の流れを良くしてくれます。

DHAとEPAは本質的には同じ様な働きを持ちますが、DHAは細胞の修復という面では効果が低い代わりに、脳内に入り込んで脳細胞へ働き掛ける効果を持ちます。

EPAは単体で脳内に入る事が出来ませんが、細胞を修復する能力に長け、酵素と結び付く事により細胞の炎症を治します。

これが両成分の基本的な違いです。

しかしながら作用結果としてみれば、DHAは細胞修復効果は低いものの、長期的に体内で働いてくれますし、EPAも一部の酵素と結びつき、脳細胞へ到達できます。

つまるところ、結果としては同じような効果が期待出来ます。

両者の長所短所を補うために、両成分をバランス良く摂取してください。

DHA、EPA共に血流を促進させる作用があるので、悪玉コレステロールの除去や動脈硬化の予防などに対しても効果が期待できます。

鰻(ウナギ)に多く含まれていて、次いで鮪(マグロ)のとろ、鯖(サバ)、鰤(ブリ)の順です。

特に魚の頭の部分に多く含まれていますので、あらを使った料理を食べると効率良く摂取できます。

DHAとEPAの違いに関するQ & A

EPAとDHA比較

Q. DHAとEPAの大きな違いは何ですか?

A. DHAは、神経系の細胞の成分となるので、脳を活性化し、記憶力や学習能力を高める作用があります。

そのため、成長期の子供に必要な成分です。

EPAは、血小板凝集抑制作用があり、血液をサラサラにする作用があります。

そのため、脳溢血や心筋梗塞予防として、大人に必要な成分です。

両者の最も大きな違いとして考えられるのが、DHAは脳や網膜に選択的に取り込まれる点です。

通常、脳や目に至るまでは関門があり、限られた成分しか届きませんが、脳の構成成分の一つとされているDHAは通過できます。

EPAの働きとしては、血液に関係する健康を全般的に支える役割を果たしており、その活躍ぶりは体内において必要不可欠な存在です。

DHAは脳や神経に効果があるので胎児や赤ちゃんが摂ると高い効果があります。

EPAは血液や血管の状態を改善してくれて、健康に様々な効果があるので、大人が摂るべき成分です。

EPAは摂らないと減少していく成分なので、積極的に摂ってください。

両方を同時に摂取すると、相乗効果があるので、サプリから補うなら、どちらの成分も含まれている商品を選びましょう。

Q. DHAとEPA、それぞれの効果に違いはあるのか?

A. DHAとEPAは効果に違いがあります。

中性脂肪に対する効果はEPAが高く、コレステロールに対してはDHAの効果が高いです。

これらの成分は魚に多く含まれているのですが、サプリメントからの摂取が効率的です。

これらの成分は小腸から吸収され、血液によって全身に運ばれるのですが、この時に脳にもDHAが運ばれます。

脳は大切な場所ですので、必要な成分しか通過できませんが、DHAは脳への情報伝達に欠かせない成分の原料であり、通過できます。

そのことから、頭を良くする効果があるとされています。

Q. DHAとEPAの特徴の違いは?

A. DHAとEPAは青魚で有名な成分です。

この2種類はどちらも成人病の予防に効果がありますが、働き方に多少の違いがあります。

DHAは、血液から脳にかけての健康に良い働きがあります。

一方、EPAは血液をサラサラにする効果がDHAより強く、血管を拡張して血流を良くする働きがあります。

血管への作用を強く求める場合にはこちらを選ぶと言うようにと、2種類を使い分けても良いでしょう。

Q. DHAとEPAの役割を教えてください

A. DHAとEPAはどちらも健康に良い成分です。

DHAは脳の働きに欠かせない成分であり、脳の構成成分のひとつです。

そのためEPAが通過できないところまでしっかり届きます。

ちなみに、ほとんど魚を食べない人でも脳や網膜にはDHAが存在しています。

人体の仕組みから考えるとこちらの方が優先されているように見えるのですが、EPAには血栓を防ぐ効果が高いという特徴があります。

これらの成分を効率よく摂取するなら、サプリを利用すると良いでしょう。

DHA・EPAサプリの違い

DHA・EPAが健康に良いと知られていますが、本当に効果があるのかと疑問視する方もいるでしょう。

しかし、DHA・EPAの中性脂肪減少効果は消費者庁が最高評価のAランクを与えています。

国が認めていますので、安全かつ期待できます。

参考 » DHA・EPAの中性脂肪減少効果は消費者庁の評価A

DHAとEPAのサプリメントは沢山販売されていますので、違いについては、ランキングを参考に比較してください。非常に酸化に弱い成分になりますので、酸化対策にも注目して選びましょう。

参考 » DHA・EPAを比較する

まとめ

DHAは、脳の成長には欠かせない成分。胎児、幼児の脳の発達時に有効。

EPAは、生活習慣病予防に効果。成人向け。

DHA・EPAは共に血液に関しての相乗効果が期待でき、血中コレステロールの数値を正常値に保つ。

DHA・EPAサプリメント選びは、自分の症状の特性に合わせて商品を比較してください。

» DHA・EPAサプリ 公式ページ一覧

-DHA・EPAサプリの効果

関連記事

dha サプリ

DHA・EPAの効果とサプリメントの効能

目次1 DHAとEPAの効果2 頭痛解消!DHA・EPAの効果3 DHAの効果とは、多く含まれる食品や注意点を紹介4 DHA・EPAサプリの効能5 健康診断の項目とDHA・EPAサプリの効果6 DHA …

効果なし

DHA・EPAサプリは効果なし?

ダイエットサプリに効果があれば、「何キロ痩せた!」って具体的な数値が目に見えてわかります。 薄毛サプリに効果があれば、「毛が生えた!」という視覚的な変化が目に見えてわかります。 その一方で、DHA・E …

ダイエットサプリ?コレステロールサプリ?EPA・DHAの効果

直接的ではありませんが、ダイエットサプリとしてもDHA・EPAサプリは良い効果が得られます。 DHAは体内で増える脂肪を分解する成分のサポート役で、縁の下の力持ち的な役割を果たします。 一方、EPAに …

花粉症

DHAサプリの花粉症・視力向上に対する効果について

花粉症に悩んでいる方は、DHAサプリの利用をおすすめします。 血流をよくしてくれる成分を摂ることは、必然的に免疫向上につながります。 免疫が弱くなっているときは、決まって血流もドロドロになっています。 …