DHA・EPAのためになるお話

DHA・EPAのオメガ3脂肪酸効果は

更新日:

オメガ3脂肪酸DHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸には健康効果が期待できますが、同時に副作用もあります。

オメガ3脂肪酸は話題の栄養成分で、これらは人間の健康を維持する成分として知られています。

このオメガ3脂肪酸にはDHAやEPAなどの青魚に含まれており、生活習慣病・ダイエット・炎症予防・がん予防に貢献します。

EPA:エイコサペンタエン酸、DHA:ドコサヘキサエン酸等のn-3脂肪酸に富む魚油はがん予防に有効であり、リノール酸(n-6)の過剰摂取は発がんを増強するとの実験結果もあるので、動物性脂肪の内訳としてはn-6脂肪酸に富む脂肪を抑制して、n-3脂肪酸に富む魚油の摂取を多くすることが望ましい。
出典:がん – 厚生労働省 イ 食生活の影響

ただ、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸には健康に良い反面、摂取し過ぎると様々と副作用があります。

つまり健康にとって良かれと思い、摂取し続けると逆に副作用を起こしかねません。

1日1gの摂取量を必ず守ってください。

ちなみに3g以上の摂取で下痢や腹痛の副作用が報告されています。

オメガ3脂肪酸とDHA・EPAサプリ

一般に脂肪は体に悪いものと思われがちですが、例外的なのがオメガ3脂肪酸。これは脳の脂肪酸の大部分を占め、私たちの健康になくてはならないものです。

DHAとEPAはそれぞれオメガ3脂肪酸の一種で、特にDHAにはアルツハイマー病にかかるリスクを減らす効果が、EPAには動脈硬化を改善する効果があると言われています。

しかしこれらは人間の体内で作ることができないため、多く含まれる魚などから摂取する必要があります。

かといって毎日魚を料理するのはなかなか難しいです。

1日の摂取量の目安も1000mgと少なくありません。

そこで、適切な量のDHAやEPAを手軽に、継続して摂取するためにサプリメントを活用するのは一つの有効な手段です。

中性脂肪やコレステロール対策に!良質なあぶらを

DHAやEPAは、血中コレステロールを下げる成分として注目されています。

青魚に多いこの成分は、血液をサラサラし、中性脂肪と悪玉コレステロールを速やかに体外に排出できます。

毎日青魚を食べれれば良いですが、現代の食生活では、なかなか実現できません。

そこで、DHAやEPAを含むサプリの服用が効果的に摂取できるコツです。

毎日少しずつですが、しっかりと2つの成分を取り込めば、血液と血管が健康になります。

そして、食事の中で、積極的に青魚を食べると更に効果が倍増します。

魚に多く含まれているDHAやEPAはオメガ3系脂肪酸と言われ、様々な効果が見込める栄養素です。

体に炎症を起こす脂がお肉の脂(オメガ6系脂肪酸)であれば、DHAやEPAは体の炎症を抑える働きがあります。

アトピーやアレルギー対策として効果があると言われていますし、血液をなめらかにするので、動脈硬化の予防にも効果的です。

魚から摂取できますが、最近は水銀の摂取を防ぐためにサプリメントで摂る方も少なくありません。

良質な脂を取れば体の潤滑油として機能してくれるので自分にあった会社の商品を選びましょう。

DHA&EPA+ビタミンDで魚不足をサポート

「DHA&EPA+ビタミンDの効能」魚不足の食生活をサポート。

最近、メディアなどで良く取り上げられていて体に良いという「DHAやEPA」は「オメガ3系脂肪酸」などとも呼ばれていますが、DHA・EPAともに人体を構成する基礎となる細胞を保護し、その作用を円滑に機能させる役割を担う「細胞膜」を構成する成分です。

青魚に多く含まれ、血液をサラサラにする効能がありますが、日本人の食生活が欧米化していますので不足しがちです。

ビタミンDは日光に直接肌をさらすことで作られますが、紫外線を警戒して肌を隠す人が多いのでやはり不足する傾向にあります。

近年はこれらの不足を補うサプリが市販されていますのでお勧めします。

参考:DHA & EPA+ビタミンD – 味の素KK

DHA・EPA含有量が多い青魚

DHAやEPAは青魚とそれを食べるアザラシ等の脂質に多く含まれています。

それ以外から摂る事はできません。

それには小さい魚から大きな魚へと食物連鎖があり、サンマやサバ等にも含まれていますが、大きな魚の頂点に近いマグロに多く含まれています。

一番いいのは生で食べることですが、油で揚げて食べるときは、同じオメガ3に分類される油を使ってください。それはリノール酸を含む油、(サラダ油等)使うとせっかくの成分が相殺されてしまいます。

食べ出したらとまらない!あの栗にもDHA・EPAがたくさん含まれている!

DHAが入っている食品といえば魚というイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、魚は苦手という方に朗報です。

実はDHAは魚以外の食品にも含まれています。

その一つが「栗」です。栗にはαリノレン酸を含む不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を多く含んでいます。

摂取する際には食べる量に気を付けましょう。

日本で昔から食べられている親しみのある食材でもあり、おやつとしても手軽に摂取できますのでおすすめです。

DHAとEPAが多い食品は?

DHAとEPAは、細胞を錆びさせないオメガ3系の不飽和脂肪酸です。

DHAとEPAは肉や野菜にはほとんど含まれず、青魚に多く含まれます。

DHAとEPAが多い食品は、クロマグロ・サンマ・アジ・イワシなどで、加熱したものよりも生の方が多く摂取できますので、お刺身がおすすめです。

加熱してもイワシ・サンマ・ウナギなどは含有率が高く、加熱調理した際は煮汁やなべ物のダシに溶けだしますので、残った汁も料理に使うなど有効活用してください。

» DHA・EPAサプリ 公式ページ一覧

-DHA・EPAのためになるお話

関連記事

DHA EPA 食品

DHAとEPAはどんな食品に多く含まれているのか

目次1 DHAとEPAを食品から摂取するにはどうしたら?2 栄養は偏っていませんか?文部科学省 食品成分データベース3 まとめ DHAとEPAを食品から摂取するにはどうしたら? 以下にまとめましたので …

お魚

脳を活性化させるDHA・EPA

お魚に含まれるDHAやEPAには、脳の細胞膜を活性化させる効能があり、積極的に摂取すると記憶力などが向上すると言われています。 これらのDHAやEPAは、かつお、まぐろ、さば、あじ、いわし、ぶりなどの …

刺身

高血圧、糖尿病、中性脂肪過多などの生活習慣病とDHA・EPA

魚油に豊富に含まれるDHAやEPAは血液の粘度を下げる効能があり、結果的に高血圧の解消に繋がります。 健康体の方は赤血球に柔軟性があり変形できるため、毛細血管にも入り込めます。 しかし、DHAが不足し …

アニサキスによる食中毒

話題のアニサキスを正しく理解する。DHAが摂取できない

渡辺直美さんが食中毒になったってニュースで、はじめてその言葉を知った方も多いのでしょうか。 ワイドショーやニュースで連日放送され、渡辺直美さんだけでなく、南海キャンディーズの山里さんもアニサキスによる …

比較

青魚の代表成分、DHAとEPAの違い

DHA・EPAともに青魚に多く含まれています。 体内に入ると細胞の活動や修復を助け細胞壁の流動性を高めてくれます。 脳細胞に及べば脳細胞の繋がりをスムーズにし、神経伝達物質の生産を高めます。 血液細胞 …