DHA・EPAを学ぶ

DHA・EPAサプリを妊娠中に「賢い子どもを産み育てる」

更新日:

賢い子どもを産むためにお腹の中に赤ちゃんを授かり、母となる喜びをかみしめている方も多いでしょう。

妊娠中は、栄養バランスのよいものを食べて健康な生活を送りたいです。

赤ちゃんの脳や体の機能の発達のために、クラシック音楽や童謡を聞いたり、優しい声で語りかけたり、絵本を読みきかせたりする胎教もいいでしょう。

また、妊娠中は脳の働きを向上するDHAや、血液をサラサラにするEPAといった成分を積極的に摂るのがおすすめです。

インターネット通販では、DHAやEPAのサプリメントを数多く扱っています。

賢い子どもを産みたいと思っている方は、含有量が多く、良質な素材を使っているものを選んで購入してみましょう。

つわりがひどい方や、魚が苦手で食べられない方でもサプリメントなら安心して続けられます。

妊娠中のDHAサプリの摂取方法について

妊娠中DHAは、赤ちゃんの発育のためには、必要な栄養成分です。

体調のすぐれない方や医師から薬の処方を受けられている方は、医師や薬剤師に相談し、サプリを摂取しましょう。

妊娠中には飲みやすいサイズのDHAサプリを選ぶ

授乳中も、母乳からDHAを摂った乳児は、脳がしっかり『発達』します。

ただ、悪阻があり粒が大きいと飲みにくい、錠剤を飲むのが苦手。そんな方もいらっしゃいます。

しかし、粒にも色々なサイズがあります。

円形タブレットがオススメ、小さく飲みやすいのが特徴です。
1.0㎝以下の大きさです。

さらに小さいのだと、0.5mm前後~1.9mmまでの大きさで、非常に飲みやすいサイズです。

人それぞれ好みがあるので、購入する前に大きさを確認してからの購入をオススメします。

「ハグラビ」は妊娠中のママのためのDHAサプリです

特に妊娠中はお腹の赤ちゃんの栄養も考える必要があります。

DHAがサプリになって無理なく摂れるハグラビは、天然成分で赤ちゃんにも安心です。

生まれてからではなく、お腹にいる頃からDHAを摂取していると、学習能力に大きく影響する研究結果があります。

材料となる南極のオキアミでしか摂れないクリルオイルとポリフェノールもたっぷりのアマニオイルは、EPAも含まれる貴重なオメガ3脂肪酸の宝庫です。

DHAサプリ驚くべき4つの効果で妊娠中にもおすすめ

人体が体内で作れないため、外部から補給しなければならず、「必須脂肪酸」として重要な役割を果しています。

DHAサプリを常用すれば、「脳の発達を促進」「生活習慣病を予防」「視力の向上」あるいは「運動能力の向上」などの効果があると言われています。

厚生労働省は、妊婦中、授乳中の一日あたりのn-3系脂肪酸(DHA、EPAなど)の目安量を1.8gとしています。過剰摂取は絶対にやめましょう。

妊娠中に魚よりもDHAサプリの摂取のほうが良い理由

妊娠中におすすめ妊娠中にDHAを摂取すると、胎児の脳細胞が増えるのでIQの高い子供として生まれてくる可能性が高いです。

ただしサプリで摂取しなければなりません。DHAを食品から摂る場合、魚を積極的に食べなければなりません。

しかし魚には水銀が含まれており、先天性異常を引き起こすことがあります。

大人は水銀を排出できて問題なくても胎児に処理する能力はありません。

また加熱しないで食べると食中毒や寄生虫の感染というリスクもあります。

どれも胎児の成長に悪影響を与えるので、安心して妊娠中を過ごしたいなら、サプリの利用が好ましいです。

妊婦さんには注意が必要なEPAとは?

具体的には、中性脂肪を低下させる作用、血管の弾力性を保ち血液をサラサラにする作用があり、生活習慣病予防に効果があるとされています。

これらの成分は健康に大変メリットがあります。食事から摂取するか、サプリメントで摂取しましょう。

しかし、妊婦さんにおいてはサプリメントを使用するには注意です。

血液をサラサラにするというのは、言い換えれば出血した際とまりにくくなるということです。

帝王切開での出産が予定されている場合などは、出血量が多くなる恐れがありますので過剰摂取は控えましょう。

妊娠中・授乳中のDHA・EPAサプリの効果

DHA・EPAは、赤ちゃんの脳の成長にも良い影響を与えます。

脳の発達に重要なのがDHA・EPAといった栄養素です。

さらに血行促進効果もあるため、血液がしっかり流れて赤ちゃんの体へ栄養が行き渡るというメリットもあります。

妊娠中の母親は栄養バランスの整った食事を摂る必要があるため、青魚を毎日食べるのは大変です。

そのような時は、毎日手軽に飲めるサプリメントがおすすめです。

授乳中の上手なDHA・EPAサプリメントの取り入れ方

DHAやEPAのサプリの効率の良い取り入れ方については、授乳中の女性にとっては大事な情報です。安全性の高いサプリを選び、母体への負担を抑えましょう。

DHA・EPAサプリは妊婦さんにとって重要

DHAやEPAなどの成分は、妊婦さんにとって欠かせません。サプリメントを利用しながら栄養のバランスを整えましょう。

最近では、国内外のメーカーからDHAやEPAが含まれているサプリが数多く発売されています。

妊婦さんであっても無理なく摂取できる安全性の高いサプリもあります。

健康食品の特性、価格については、各メーカーの公式ホームページの内容が最新です。
当サイトのトップページからリンクしています。

妊娠中に摂取するDHA・EPAサプリの注意点

妊娠中の注意点妊娠中の方は、既に担当医から、マグロなど少量でも水銀が含まれる生魚を控えるよう指導を受けていると思います。

お寿司が大好きでも我が子のためです。
食あたりになると流産の危険性も高まりますから、安定期を過ぎる前は焼き魚を少量食べましょう。

魚に含まれるDHA、EPAは、胎児の脳には良いのに水銀によって食べれません。
そんな時、DHA、EPAのサプリメントが役立ちます。

ただし、妊娠中の方がDHAやEPAサプリを摂取する場合は、念のため、担当の産婦人科医師に相談してください。

しっかり許可がおりて、もしも、DHAやEPAのサプリを初めて購入する際には、当サイト(DHAサプリ館)でのランキングを参考にしてください。

DHAサプリを授乳中に飲むと母乳に水銀が混じるという嘘

DHAサプリの主原料は魚油なので、この魚油にも魚に含まれる有害物質が含まれているのではないかと不安も。

しかし実際は、魚油の原料の魚は青魚や小魚であって、食物連鎖の下階層にある魚であり、有害物質が蓄積しにくいです。

また、魚油の精製の過程でメチル水銀も取り除かれている可能性が高いと考えられます。よってDHAサプリはまず安全でしょう。

DHA・EPAサプリって水銀を含んでいるの?

DHAとEPAを効率よく摂取するために、サプリメントを活用するのがおすすめです。

青魚のエキスを用いたサプリメントは、青魚が元々含んでいる水銀を摂取するリスクを心配している方もいらっしゃいます。

DHAやEPAのサプリメントに使われる魚由来の精油については、その生成過程で水銀やその他の有害物質は取り除かれているので安全です。

大手の商品であれば、全く心配する必要はありません。

むしろ、水銀のリスクは、生魚の過剰摂取が危険です。特に妊娠中、幼児期のマグロの食べ過ぎは、おすすめしません。

そういった意味でも、サプリメントからの摂取が、体への負担が少なく、手軽に効果を発揮できます。

幼児でも飲めるDHA EPAサプリについて

DHAとEPAを効率よく摂取したいなら、ランキングサイトで人気のサプリを調べて利用すると良いでしょう。

これらの成分は幼児の成長にも必要で、魚などに多く含まれています。

熱に弱い脂肪酸なので魚以外からの摂取は難しいです。

子供に魚を食べさせるのが難しい場合はサプリを飲ませて補いましょう。

幼児にもDHA・EPAサプリを飲ませても問題ありません。良い結果が期待できるでしょう。

それでも子供に飲ませるのが不安だと感じている人もいるかもしれません。その場合は成分をきちんと確認して選びましょう。

DHA・EPAサプリで頭が良くなるって本当?

頭が良くなるサプリとして知られているのがDHA・EPAサプリです。

これらの成分は魚油由来であり、日本食の定番食材である青魚の成分を摂取できます。

頭が良くなるためには栄養バランスを改善する必要があり、特に脳の栄養が欠かせません。

脳の血流を良くしておけば活性酸素に対する抵抗力も増して、脳を疲労やストレスから守れます。

DHA・EPAサプリは副作用がなく、イチョウ葉エキスとの相性が良いです。

両者を併用すれば、頭が良くなるだけでなく、将来の認知症やアルツハイマー予防につながります。

記憶力向上のためにも、若いころからDHA・EPAを摂取しておきましょう。

特に青魚の摂取が少ない方におすすめの栄養素です。

DHA・EPAの子供への効果と副作用

子供魚に多く含まれているDHAやEPAは必須脂肪酸と呼ばれ、子供が成長する上で必要な栄養素がたくさん含まれています。

DHAは脳の成長に効果がありますので、小さいお子さんに飲ませると脳の成長の手助けになります。

健康にいい栄養素がたくさん含まれていますが、副作用に注意してください。

普段から魚を食べている場合は、過剰摂取になってしまう危険性があるので注意しましょう。

副作用に軟便や下痢がありますので、摂取量には気をつけましょう。

まとめ

DHA・EPAは、妊娠中に積極的に摂りたい成分。

胎児の脳に働きかけ、脳を育てます。

胎児は、水銀を排出することができないため、妊娠中に生魚の摂取は、おすすめできない。

効率よく胎児にDHAとEPAを届けるためにサプリメントを利用する。

安全性の高いサプリを選び、過剰摂取を避ける。

» DHA・EPAサプリ 公式ページ一覧

-DHA・EPAを学ぶ

» DHAサプリ ランキング

関連記事

dha サプリ

DHA・EPAの効果とサプリメントの効能

DHA、EPAを多く含む食品としてまず挙げられるのが青魚です。 日本人の食卓に昔からなじみ深い青魚に含まれるこの成分の素晴らしい効果に迫ると、そこには様々な効能が認められています。 目次1 DHA・E …

DHAとEPAの違い

DHA、EPAの違い それぞれの役割について

DHAとEPAは同じように扱われていて、その効果もあまり違いがないかと思われがちです。 しかし、まったく同じ成分ではありませんし、どこに違いがあるかを知っておきましょう。 DHAとEPAはいずれもよく …

DHA EPA 副作用

DHA・EPAサプリの副作用について 20の見解

食事からDHAやEPAを自然に摂取できれば理想的ですが、なかなかそうもいかないと健康食品サプリメントが誕生しました。 健康食品はその名に含まれる通り食品ですから、副作用は基本的に心配しなくてよいです。 …

n-3系脂肪酸(DHA、EPA、α-リノレン酸等)の摂取量

北海道よりもはるか北、北極に近い氷の世界に住む人々は野菜が採れませんので、まず、野菜を口にしません。食料は肉や魚ばかりです。 北の人々は、栄養バランスが偏って心筋梗塞や脳梗塞などを招く生活習慣病に、陥 …

DHA EPA 食品

DHAとEPAはどんな食品に多く含む?魚、えごま、亜麻…

DHAとEPAは、細胞を錆びさせないオメガ3系の不飽和脂肪酸です。 目次1 DHAとEPAを食品から摂取するにはどうしたら?2 お魚からDHAとEPAを摂りこむ3 摂りこむ Q & A4 魚以 …