DHA・EPAを学ぶ

DHAサプリはダイエット、コレステロールどっちに効く

更新日:

ダイエット直接的ではありませんが、ダイエットサプリとしてもDHA・EPAサプリは良い効果が得られます。

DHAは体内で増える脂肪を分解する成分のサポート役で、縁の下の力持ち的な役割を果たします。

一方、EPAには血糖値を上げる成分を抑える働きがあって、こちらも影の功労者のような存在です。

血糖値の上昇は体脂肪を増やす原因にもなるので、食後に摂取するのが効果的です。

DHA・EPAは動脈硬化や糖尿病、白内障予防など様々な目的で摂取されますが、ダイエットにとっても強い味方です。

ダイエットにDHA・EPAサプリその理由は?

DHA・EPAには筋肉を増強させる働きがあるため、ダイエットに効果的と言われています。

分解したアミノ酸は、再びたんぱく質に合成して筋肉を増やしますが、筋肉には脂肪を燃焼させる働きがあるため、ダイエットをサポートします。

同じ体重でも筋肉量がある人の方が痩せやすいと言われていますが、DHA・EPAはどうやって摂取したらよいか分からない人もいるでしょう。

このような栄養素は魚に多く含まれていますが、毎日のように魚を食べるのが難しい場合、サプリで摂取すると良いでしょう。

DHAとEPAってダイエットにも?

DHA・EPAは、青魚の中でも特にイワシ、サバ、ブリ、さんまに多く含まれています。

主に青魚や脂がのった魚などが多く含む成分であり、生の方が栄養素を損なわずに摂取できます。

そのため基本的には刺身で食べましょう。

しかし、中には調理をしてもDHA・EPAを多く含む魚もあります。

刺身が苦手な場合はウナギの蒲焼きやマアジの開き、缶詰などがおすすめです。

そのDHA・EPAは、どうやらダイエットにも効果的です。

中性脂肪の排出の点で納得ができますが、排出だけではなく脂肪燃焼効果も期待できます。

体質そのものが、脂肪を寄せ付けない体に変化し、自然な形でのダイエットに成功します。

DHA・EPAの摂取が健康的なダイエットになるだけではなく、体脂肪がつきにくい体になりますから、試してみる価値はあります。

ただ、この手のサプリについては長期服用が原則です。
気長に続けることで、体型が変化が実感できます。

DHAサプリメントのダイエット効果は

DHAサプリメントにはダイエット効果があると言われています。

DHAという成分には、脂肪を燃焼する効果があるからです。

インターネットの専門サイトで読みましたが、DHAとEPAを一緒に摂ることで効果も高まると書いてありました。

ただし、DHAサプリメントを摂るだけでは効果は得られず、やはり運動もしたいです。

要はDHAサプリメントと運動、さらには食事制限との組み合わせで高い効果が見込めます。

ダイエットの成功は地道な努力をプラスしてください。

ダイエットを決意したら、DHAサプリメントを試してみましょう。

DHA・EPAサプリにダイエット効果があるの?

DHAとEPAのダイエットの効果は、直接的ではありません。

ただし、ダイエットをサポートします。

例えばDHAは内臓脂肪の元となる脂肪が肝臓で増えることを抑制します。

EPAには食欲を減退させる働きと血糖値が上昇を抑える働きがあります。

食べる量が減って、内臓脂肪が増える原因を減少させ、ダイエットをサポートします。

結果として普段の生活でも十分なダイエットのためのカロリー消費ができます。

不要なものを増やさない働きが間接的にダイエットへと導きます。

DHAやEPAのダイエット効果をリサーチ

DHAやEPAには血液の流れを良くする効果があり、血液を綺麗にしてくれると言われています。

血液の流れが良くなれば健康に良い効果を期待できますし、ダイエット効果もあるのでリサーチしておきましょう。

血液の流れが良くなると体内の老廃物の排出を促すことができますし、むくみの改善にも繋がります。

また、セルライトを作りにくくし、脂肪燃焼を促進してくれます。

DHAやEPAで血液の流れが良くなり、痩せやすい体質が手に入ります。

ダイエットにDHA・EPAを

DHA・EPAと言うと生活習慣病予防や血流サラサラ効果をイメージしがちですが、実は痩せやすくするダイエットサポートとしての効果もあります。

DHA・EPAは不飽和脂肪酸のため、摂取しても体内に蓄積しにくくエネルギーに変わりやすいという性質があります。

そのため余分な脂肪が体内に蓄積しません。

さらに血流が良くサラサラになれば、全身の代謝を促し、脂肪燃焼が望めます。

そのため、ダイエットサポートとして効果的です。

無理なく痩せやすい体質になりたい方におすすめです。

DHAとEPAがダイエットに効果的?痩せるって本当なの?

DHAとEPAは、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、生活習慣病である動脈硬化の予防に効果を発揮すると同時に、ダイエットにも役立つと期待されています。

さらにDHAとEPAには脂肪を燃焼させる効果があると言われています。

体内に脂肪として蓄積されている多くは中性脂肪と呼ばれ、本来は人体が活動するエネルギー源として欠かせません。

しかし食べ過ぎなどで過剰に摂取し、消費しきれなかった中性脂肪が肥満の原因となります。

痩せるには、蓄積された中性脂肪の量を減らすと同時に、無駄な中性脂肪を摂取してはいけません。

ダイエットサプリと言えるのか?DHAやEPAの効果

多くの男性が「メタボリックシンドローム」に悩まされています。

女性もそうですね。お腹回りの肉がたくさん余っていて大変です。

原因は肝臓で合成される中性脂肪が血液に流れ出し、内臓に付着するからです。

不飽和脂肪酸と言われるDHAやEPAは肝臓での中性脂肪の合成を抑制します。

その働きによって脂肪の増加を防ぎます。

DHAやEPAは、脂の多い魚を食べれば体内に蓄積されます。とくに刺身で食べるのがおすすめ。

毎日魚を摂取することが大変な人はサプリを使うのが便利です。サプリは、DHAなどを抽出して凝縮しているので簡単に摂取できます。

ダイエットをこれから本格的に始めたい方は、減量生活を力強くサポートするDHAとEPAのサプリメントを購入してみましょう。

科学的なサポートが無い根性論だけに依存したダイエットは危険です。

すぐに挫折してしまい、三日坊主に終わるのはオチですが、DHAとEPAの支援さえあれば、毎日コツコツと不要な脂肪を落とせます。

血液が硬くなると内臓に血液が少しずつ溜まってしまい、これが原因でさまざまな病気につながっていきます。

それらの脂質がなくなれば元の正常なサラサラした状態に戻ります。

DHAは、肝臓に働きかけ中性脂肪の合成を抑制する効果があります。

DHAと一緒に青魚に多いとされるEPAは食用を抑える効果があります。

コレステロール値を下げる近道はDHAとEPA!ぽっこりお腹をスッキリと

DHAには血中脂質を改善する働きや血管の老化を防ぐ働きがあります。

また、DHAには高血圧の改善や糖尿病の予防効果が期待できますし、脂肪の燃焼をサポートする効果も期待できます。

EPAには善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすという効果があるため、男性の悩みをしっかり解決してくれます。

また、抗炎症作用や免疫力を高める作用がありますので、病気の予防や改善効果が期待できるでしょう。

さらに、アレルギーの原因となる酵素を阻害する働きもありますので、精神を安定させる働きも期待できます。

ビールっ腹の改善にDHAサプリ

健康30代以降の男性の悩みで多いのがぽっこりお腹です。

太っているわけでもないのにお腹だけぽっこりとしている方って結構います。

ビールっ腹とも呼ばれるその症状の原因は内臓脂肪です。

お酒のおつまみに脂質や糖質の高いものを食べているうちに消費出来ない分が体内に蓄積されました。

そんな症状改善に効果的なのがDHA・EPAです。

これらには血中の余分な中性脂肪やコレステロールを減少させる効果があります。

さらにDHA・EPAは脂肪酸でありながら体内に蓄積されにくい性質があるので、内臓脂肪の増加を抑制できます。

体の中から健康的にビール腹を解消したいという方におすすめです。

DHAとEPAを摂ることが望ましい方

コレステロール値を改善したい方は、DHAとEPA摂取をお勧めします。

これによって昔の日本人は健康的な生活を送れていたと考えられます。

最近は食事の欧米化によって、かなりの人がコレステロール値を気にします。

DHAとEPAを多く含むアジやサバ、サンマといった魚を食べ、コレステロール値を下げましょう。

動脈硬化などの成人病を予防し、健康的に生活しましょう。

DHAサプリメントがコレステロールを下げる

DHAは血中のコレステロールを低下させます。

体内のコレステロールは、血液をドロドロにしたり血管壁にくっついて血管の柔軟性を低下させ、血栓を作りやすくしてしまいます。

しかし、DHAはその血管壁を柔らかくしたり、赤血球の膜を柔らかくする効果があり、血液をサラサラし、血管壁にくっつきづらくしてくれます。

さらに固くなってしなやかさを失った血管が動きやすくなり、血栓ができづらくします。またコレステロールが小腸から血中へと吸収されるのを抑制する効果もあります。

体内でDHAと同じ働きをする物を食べ物から摂取しようと思うと他の栄養素の過剰摂取になってしまいますが、サプリメントならば他の栄養素の過剰摂取を気にせずに服用できます。

LDLコレステロールを下げる効果のあるDHAとは?

コレステロールを下げる効果ドコサヘキサエン酸と聞いて、ピンとくる方はいますか?省略したのが「DHA」です。

脂肪酸で分類されていて飽和脂肪酸は、ヤシ油やバター、鶏卵です。
熱の高低によって固まるのが特徴です。

不飽和脂肪酸は、脂肪が多い魚やくるみです。
こちらは熱に影響されず、固まりにくいのが特徴です。

DHAは、この不飽和脂肪酸のひとつなので血液系の健康を助ける効果があります。

コレステロールとDHAとEPAと

コレステロールが気になりだしたら、DHAやEPAの情報を検索。

DHAやEPAの口コミサイトはとても参考になる情報がたくさん載せてありますからおすすめです。

DHAやEPAの健康効果を知れば、なんだかそれだけで健康になったと思うほど。

調理方法を工夫しましょう。

コレステロールの数値を下げようと、世の奥様方のいろんなDHAやEPAのレシピや料理についての公開情報がたくさんあります。

奥様達が旦那様のために努力した証です。参考にしてください。

コレステロールヤバイ。DHAとEPAで対策

コレステロールでお悩みなら、DHAとEPAを摂るようにしましょう。

コレステロールの対策は、日ごろの食事がガッツリ肉派の方ほど簡単です。

ガッツリ系の食事を健康志向が高い食事に変えるだけですから。

よくモデルさん達がダイエットのため、健康のためとか言って野菜や果物なんかを食べて健康アピールしていますよね。あんな感じです。

それにプラスしてDHAとEPAで調整すれば、結果こそすぐには出ないものの、1年後のコレステロール値に期待が持てます。

不摂生を改善するDHAとEPA

不摂生を解消しようDHAとEPAは、不摂生を改善させて体を健康的な状態にする役割を担っています。

食事の構成をよく考えて、主菜には青魚の煮物や焼き物を添えれば、血中のコレステロールや中性脂肪を高める心配がなくなり、結果的には生活習慣病の予防につながります。

毎日魚料理を食べられなくても、不足している栄養を補うためにサプリからも摂取すれば、不摂生とは無縁の生活を楽しめます。

DHAとEPAのおかげで血液の巡りが良くなり、熱の産生能力が向上すれば、冷え性にも強い状態に変化します。

冬場の厳しい気候の中で、魚を主な材料にする鍋料理を食べるのは、不足しがちなEPAやDHAを吸収できるので、理に適っています。

まとめ

「飲めば痩せる」といったダイエットサプリではなく、コレステロールの値を減らすサプリです。

適度の運動と食事制限にプラスして摂取すれば、中性脂肪を減らしながらダイエットできる。

ダイエットをサポートしてくれます。痩せやすい体質、余分な脂肪がつきにくい体になります。

即効性はありません。地道な継続です。

» おすすめDHAサプリを比較する

-DHA・EPAを学ぶ

» DHAサプリ ランキング

関連記事

dha サプリ

DHA・EPAの効果とサプリメントの効能

DHA、EPAを多く含む食品としてまず挙げられるのが青魚です。 日本人の食卓に昔からなじみ深い青魚に含まれるこの成分の素晴らしい効果に迫ると、そこには様々な効能が認められています。 目次1 DHA・E …

DHAとEPAの違い

DHA、EPAの違い それぞれの役割について

DHAとEPAは同じように扱われていて、その効果もあまり違いがないかと思われがちです。 しかし、まったく同じ成分ではありませんし、どこに違いがあるかを知っておきましょう。 DHAとEPAはいずれもよく …

DHA EPA 副作用

DHA・EPAサプリの副作用について 20の見解

食事からDHAやEPAを自然に摂取できれば理想的ですが、なかなかそうもいかないと健康食品サプリメントが誕生しました。 健康食品はその名に含まれる通り食品ですから、副作用は基本的に心配しなくてよいです。 …

n-3系脂肪酸(DHA、EPA、α-リノレン酸等)の摂取量

北海道よりもはるか北、北極に近い氷の世界に住む人々は野菜が採れませんので、まず、野菜を口にしません。食料は肉や魚ばかりです。 北の人々は、栄養バランスが偏って心筋梗塞や脳梗塞などを招く生活習慣病に、陥 …

DHA EPA 食品

DHAとEPAはどんな食品に多く含む?魚、えごま、亜麻…

DHAとEPAは、細胞を錆びさせないオメガ3系の不飽和脂肪酸です。 目次1 DHAとEPAを食品から摂取するにはどうしたら?2 お魚からDHAとEPAを摂りこむ3 摂りこむ Q & A4 魚以 …