DHA・EPAサプリと魚

魚を食べてDHA・EPAを摂ろう!

更新日:

魚日本人の魚介類の消費量は、食の多様化の影響で年々減少傾向が続いています。平成18年頃、ついに肉類の消費量が魚介類を追い越してしまいました。

このような影響で、DHAが慢性的に枯渇しやすい状況が作られ、脂肪が豊富な食生活の影響でメタボ体質の人も増えています。

かつての日本人の多くは、魚や大豆食品を主なタンパク源にしていましたから、DHAが不足するような環境ではありませんでした。

おやつとして煮干しや鰹節などを食べていた時代は、食糧事情が豊かとは言えない状態でしたが、飽食の現代社会では栄養が豊富でもDHAは不足しています。

DHAを摂取するためには魚を食べることが必要です。

昔から魚は頭の働きに良いと言われていましたが、科学的には解明されていませんでした。

しかし、近年になって研究が活発になると、脳の記憶学習中枢の構成物質であることが分かりました。

また、血栓を予防する効果も分かってきました。

魚を食べる量の目安としては、1日1食、100グラムで十分な量のDHAを摂取できます。

具体的な症状があったり、健康に不安のある方はこの量を目安に食べてください。

魚不足の人へ!DHAが不足するとこんな不具合がおこる!

頭の働きを良くする成分として有名な「DHA」。

あまり知られていませんが、視力の低下を引き起こす原因にもなると言われています。

他にも、肌荒れを引き起こしたり精神が不安定になりやすくなることが挙げられます。

このようにDHA不足がわたしたちの体にもたらす影響はとても大きいです。

健康のためにも青魚を積極的に摂っていきたいものです。

DHAを摂るなら生魚を食べるのが一番なの?

脳の働きをよくし、生活習慣病の抑制にもなるDHA、そのDHAをふんだんに含む青魚が注目されています。

魚の脂分に含まれているので、脂を逃がさない食べ方、生魚、すなわち刺身で食べるのが最もおすすめです。

マグロのトロやぶりは、生でおいしく食べられるので、積極的に食べたいです。

焼いて食べる場合には、脂を落としてしまわないように、アルミホイルにのせて焼いて、脂を一緒につけて食べてください。

魚料理でDHAを効率的に摂取する方法

一番手っ取り早い方法としては、刺身で食べる方法があります。

いわし、さけ、はまちなどでもOKですが、少し値は張りますが、中トロや大トロには、ほかの魚よりも多くのDHAが含まれているのでおすすめです。

加熱して調理する場合は、半分以上の脂が外へしみ出してしまうため、脂をソースにして使うなど、流れ出た脂を利用した食べ方をしてください。

また、皮にはDHAが豊富に含まれているので、残さず食べましょう。

DHA・EPA含有の食品で勉強・受験で成績アップ!

成績アップDHA・EPA含有の食品には様々な良い効果があります。

その中の一つ、勉強・受験で成績アップする可能性についてです。

これはDHA・EPAの中に、人間の記憶力や集中力を高める効果があるからです。

またそれだけではありません。
やる気がでてきたり、思考力がアップしたり、計算能力もアップすると言われています。

受験生であれば、ぜひ積極的に青魚を食べてください。

魚が苦手な人は、亜麻仁油やえごま油が同様の効果があるので、野菜のドレッシングなどと混ぜると、抵抗なく摂取することができるでしょう。

もちろん、「食べているから勉強しなくても大丈夫」ってことではないです。

魚の缶詰の栄養、効能、DHAとEPAのすごいチカラ!

缶詰青魚の脂肪の成分には、血液をサラサラにする効果や、認知症の予防・改善の効果、記憶力を向上させる等の効果があります。

ですが、その成分は酸素や光によって酸化しやすい事や、水や油に溶け出してしまうので調理法によっては栄養分を十分に摂取できません。

しかし、缶詰なら生のまま缶に詰めて加工しているので栄養が失われません。

また、青魚を調理する事は手間ですが、缶詰なら手軽にDHAとEPAを摂取できるのでかなり効率的です。

食べ方としては、身だけでなく汁も残さず摂ってください。
さらにDHAとEPAを摂取できます。

人体に欠かせないDHAとEPA

DHAやEPAは、人体に欠かせない成分として知られています。

日々の魚生活の内容を工夫して、飽きの来ない献立にしましょう。

近年では、こうした有用成分を健康サプリメントから効率よく摂取しています。

サプリメントとしてのDHA・EPAは、まだまだ世の中に広く認知していません。

手っ取り早く成分だけで補う方法ですから、忙しい方におすすめします。

魚に含まれているDHA・EPA以外の重要成分「タウリン」とは?

動脈硬化・血栓予防効果が高い成分としてDHAやEPAが魚に多く含有されていますが、これらの他にもタウリンというとても重要な成分が含まれています。

DHA・EPAは必須脂肪酸の一種ですが、タウリンはタンパク質を組成しているアミノ酸の一種であり、人間の臓器や筋肉、網膜などの維持に深く関わっている成分です。

体内にて自ら生成することが出来ないため、魚などを食することにより摂取しています。

その驚くべき作用には、血圧を下げる・肝機能再生促進・ダイエット効果などがあり、生活習慣病予防や改善に大いに貢献する力を持っています。

DHA・EPAの含有量が多い魚は?

含有量が多い魚本マグロのトロであれば、どちらも抜群の含有量ですが、同じ本マグロでも赤身には少ないです。

予算の都合を考えた場合は、まいわしあたりが非常にリーズナブルです。

高級なイメージのあるフグは意外にもどちらもほとんど含まれていないため、DHAやEPA目的では、フグを食べてもあまり意味がありません。

食べ方は、何も加工せず、そのままいただく刺身が一番です。

DHAとEPAを効率よく青魚で摂取する方法

DHAとEPAを効率よく摂るためにはいわし、さんま、さばの3魚がおすすめです。

これらの魚は特に豊富であり、魚油を逃がさないために刺身にして食べましょう。

焼魚にすると魚油が蒸発、または流れ落ちてしまうので摂取効率が悪いです。

コンスタントに摂取するには缶詰もおすすめ。

特に水缶詰は塩分が少ないので健康的です。

液体の部分にDHAとEPAがたっぷりと流れ込んでいるため、スープに入れて飲むなど工夫してください。

缶詰の栄養成分を見れば、DHA・EPAがどの程度含まれているかわかります。

毎日缶詰を食べるのが厳しい方は、サプリを利用しましょう。

まぐろなら5切れで十分なDHA・EPAが摂れる

まぐろまぐろなら5切れで1日摂取量のDHA・EPAが摂れる。

DHAとEPAは、まぐろであれば5切れの分量でも1日摂取量を吸収できますから、寿司や刺身が好きな人であれば不足しません。

加工食品から選ぶ場合には、まぐろの炙り焼きを選ぶ場合でも、わずかな量で摂取量を増やせます。

実際には調理が面倒に感じるために、肉類に手を伸ばしてしまいそうですが、5切れの分量であれば心配ありません。

調理が面倒なら冷凍庫で保存しておけば、食べたい時に味噌汁に入れて調理できるため、DHAは手軽に摂取できます。

DHAとEPAを食品から効率よく摂るには?

DHAとEPAを食品から効率よく摂るには、脂の多い魚を食べてください。効率を考えたら、生の刺身で食べるのが一番ベストな食べ方です。

焼いて食べる時は、せっかくの脂が逃げてしまうので、アルミ箔を敷いたり野菜と一緒に調理して、できるだけ脂を落とさないで一緒に食べましょう。煮物にしたときは、煮汁も一緒に食べましょう。

青魚・鮭・さんまはDHA・EPAを多く含んでいます

鮭鮭やさんまは、青魚の中でも特にDHA、EPAを多く含んでいます。

また、鮫肝油や一部の植物油にも含まれています。

DHAやEPAの消化吸収率は60%と高いですが、最も良いのは生食です。
焼き魚や缶詰だと加熱するので減少します。

魚を選ぶときも出来る限り旬のものを選んでください。

脂の乗った旬のものにたくさん含まれています。

他にもカツオやマグロも多いですが、加熱処理をすると減少する性質があります。

煮たり焼いたりすると生と比べて80%減少し、揚げると半分に減ります。

魚からのDHA摂取がNGなケース

サプリからのDHA摂取なら問題ないですが、魚からの場合、妊娠している方は、控えてください。すでに、産婦人科でアドバイスを受けていると思います。

赤ちゃんは魚に含まれる微量の水銀を排出できないので、母親の胎盤を通して、どんどん蓄積されてしまいます。

特にマグロは要注意です。妊娠中、また授乳中の方は、食べたくても控えるようにしてください。

DHAは胎児の脳に良いので、サプリメントから摂取してください。

青魚を食べれば食べるほど乳がんのリスクが低下する

最近の研究では、乳がんのリスクを低くする働きがあることも分かり、老化が気になる年代だけではなく、幅広い世代の女性からも注目されています。

研究の報告によると、摂取量が多くなるほど乳がんのリスクのパーセンテージが低くなったことが明らかになっています。

魚が苦手ならサプリメントから

青魚が苦手で食事から摂取ができない方や、忙しくて食生活が偏りがちな方、妊娠中、授乳中の方は、サプリメントから摂取してください。

健康な身体になるためにも積極的に食生活の中にお魚を取り入れてみても良いでしょう。

とくに独身男性にはサプリメントはピッタリくるアイテムです。

お試しください。

» DHA・EPAサプリ 公式ページ一覧

-DHA・EPAサプリと魚

関連記事

魚のDHA・EPAを逃さない!おすすめの調理法と簡単レシピ

DHAやEPAは、溶けやすく熱に弱いです。 そのため、最も良い食べ方がお刺身です。 お刺身なら魚に含まれるDHAやEPAを逃がさずに摂取できます。 また、生のイワシやアジ、マグロを使ったなめろうもおす …