DHA・EPAサプリ 幼児、子どもには

DHAサプリの幼児への効果について期待できること

投稿日:

幼児幼児がDHAサプリを摂取した場合に期待出来る効果が、脳の活性化、そして発達を助ける効果です。
DHAというのは頭が良くなる成分として有名ですが、飲む事で成績が上がるというものではなく、飲む事で脳がしっかりと活性化されるようになるというものです。
脳が活性化される事により記憶力等が上がっていく事になります。

子供の頃にしっかりと摂取をしておけば、勉強が出来るようになるだけでなく、様々な習慣等もしっかりと身につけていく事が出来ます。

ですから、幼児期からサプリメント等でDHAをしっかりと摂取するようにしておく事がおすすめです。

幼児の脳にDHA、EPA

DHAやEPAは幼児の脳に良い栄養素です。三つ子の魂百までという言葉があり、幼少期の様子は大人になっても、あまり変わらないと言われています。
よって幼少期に脳の発達を促すDHAやEPAを正しく親が摂取させておけば、論理的思考能力や発想力が効果的に育っていきます。
幼児にはそれぞれ生まれ持っての学力の高低がありますが、良い食事を親が率先して与える事で、後天的に天才脳は作れます。
幼稚園を卒業するまでに記憶力や言語力はおおよそ決まっていますので、それまでの摂取量が鍵となります。DHAは魚介類に多く含まれています。

幼児に多動性が見受けられるならDHAサプリを!

幼児に多動性が見受けられた場合には、DHAが効果的です。DHAは、ドコサヘキサエンの略です。魚に豊富に含まれている栄養素です。DHAを幼児がきちんと摂取すると、多動性が改善するというデータが出ています。

今、様々なメーカーからサプリが販売されています。食事から摂取するのもとても良いですが、サプリからとるほうが気軽に、また効率的にとることができます。高いものから安いもの、配合量も色々ですのでインターネットで調べると様々な情報がえられます。気になられる方は1度、サプリを購入されてみてはいかがでしょうか?
参考 » DHA・EPAサプリおすすめランキング

幼児のDHAの摂取量はどれくらい?

血液サラサラ効果や頭が良くなると言われているDHAは、18歳以上の大人において、EPAと合わせて1000mg/1日という摂取量が厚生労働省により推奨されています。子供や幼児に関しては目標値が設定されていません。但し、成人値を参考に魚の摂取習慣を身につけることが勧められており、魚料理で週2回ほど青魚を食べることにより、DHAやEPAの必要摂取量を満たすことが出来ます。肉中心の食生活が増えつつある現在では、キッズサプリで補うことも可能です。DHAは摂りすぎても許容量を超えた分は体外に流れ出ますので問題がないと言われています。

DHAで頭が良くなる?子供に効果あり?妊娠中に摂ると副作用がでる?

妊娠中妊娠中にDHAを摂取することで子どもの頭が良くなる、という研究結果があることをご存知でしょうか。ノルウェーで妊婦を対象にDHAを含んだサプリメントと、DHAを含まないサプリメントを服用してもらい、子供のIQを調べました。その結果、DHAを含むサプリメントを摂取していた母親の子供の方がIQが高いことがわかりました。この様な実験はイギリスなどでも行われておりDHAとIQが密接に関わっていることがうかがえます。そんなDHAを効率よく摂取するには、サプリメントがオススメです。魚での摂取の場合、魚は水銀を含んでいるので胎児へ悪影響が出ることもあります。一方サプリメントの場合は、過剰摂取後に怪我などで出血してしまった場合、血が止まりにくくなるといった副作用がありますが、一日の摂取量をきちんと守って摂取すれば心配はありません。
参考 » DHA・EPAサプリを妊娠中・授乳中にも「賢い子どもを産み育てるために」

幼児や子供にDHAをあげて大丈夫?

乳幼児の脳や神経の発達にもDHAは関係しているのです。ただ、だからといって毎日のように青魚を献立に上げるのは大変ですし、乳幼児だとお魚よりもお肉の方が好きという子の方がむしろ多かったり。そんなときにはサプリメントで摂取しても大丈夫です。むしろ、食事で摂りきれない分を補充しながら必要量をきちんと摂るのがおすすめです。子供用サプリメントもあり、他にも必要な栄養素が補充できるので利用してみましょう。

DHAなら幼児でもサプリを飲んで良いの!?

DHAは必要な栄養素であるため副作用などはありません。幼児のサプリでの摂取にも問題はないでしょう。しかし、バランスのとれた食習慣を身につけさせたり、間違えて大量に飲んでしまったりということのないように、大人がしっかりと管理したいものです。DHAやEPAが配合されているサプリメントを積極的に摂取することによって、幼児の発達障害のリスクを低下させることができます。

DHAというのは子供の成長にも欠かせない栄養素です。ただ、熱等に弱い栄養素の為、魚をしっかりと食べていても、調理法によっては必要な量をしっかりと摂取できていないという事も少なくありません。足りていない分はDHAサプリで補う事が有効とされています。この成分は幼児が摂取しても問題なしの為、安心して与える事が出来ますが、注意をしておかなければいけないのが添加物です。添加物が含まれているものを選ぶと子供の体や成長に悪い影響を与えてしまう可能性があります。その為、安心して与える為には、無添加のものを選ぶ事が大切です。

参考 » 水産庁 – 子どもの魚離れがもたらす影響、子どもの健全な発育にも影響

子供に食べさせたいDHAの多い魚

子供に食べさせたい魚DHAは魚に含まれている成分で、脳の集中力を高めたり血液の流れをスムーズにする働きがあるとして人気を集めています。
成長期にある子供に効率よくDHAを食べさせるためには、子供でも食べやすい魚料理を作るといいでしょう。

マグロは刺身にしてもいいですし、煮物や揚げ物など料理がしやすいのでおすすめです。飽きがこないように工夫しながら食べさせましょう。

子供に食べさせたいDHAやEPAの豊富な青魚

DHAは脳の発達によいとされる栄養素です。そのため乳幼児の脳の発達などに大きな役割を果たします。子どもの頃に「青魚を食べれば頭がよくなる」と言われていたのはこのためです。EPAは血液が硬くなることを防ぐ働きがあります。血液に関するトラブルというものはいつ起こるか分からないので、常に意識しておいたほうが健康のためにいいと思います。どちらも健康効果が非常に高い成分なので大人も子供も関係なく摂ることが望ましいのではないでしょうか。

幼児用のDHAサプリがあるってご存知ですか?

DHAサプリはご存知ですよね。その中でも、幼児用のDHAサプリがあるんです。子供が飲んでも大丈夫なの?と心配になりますよね。むしろ、食事で摂りきれない分はサプリメントで補充することをオススメします。DHAは身体に必要な必須脂肪酸ですので、基本的に副作用はありません。子どもが魚嫌いで困っている、もっと集中して勉強してほしいと思っているお母さんにオススメです。

子どもでも利用しやすい工夫がしてあるので、安心して利用できます。子どもに嬉しいDHAの期待できる効果は、集中力が上がる、読解力が上がる、心の成長を助ける、視力低下を防ぐと良い事ばかりです。ただし、子どもが利用する際に注意が必要な場合があります。それは、アレルギーがあったり、毎日、青魚をたくさん食べる習慣がある場合は注意が必要です。アレルギーがある場合はアレルギーとなる成分が含まれていないか慎重にチェックしてから服用するようにして下さい。幼児サプリは色々あるので、子供に合ったのを探して服用して下さい。

幼児にDHAサプリを与える際の注意点

幼児幼児にDHAのサプリを与える際には注意が必要になります。サプリメントには子供用という健康食品もありますが、間違って成人用を購入する場合もありますね。その際は割るなどして工夫し、購入時には間違えないようにしっかり選ぶようにしましょう。特に、DHAサプリの限度量については、それぞれ商品の配合成分の種類によって違いがありますからしっかり確認しましょう。

DHAサプリは製造過程で水銀が取り除かれている

DHAサプリですが、しっかりした製造過程で作られたものかどうかというのは確認しておく必要があります。一般的に、DHAは化学合成ではなく、魚油を原料として抽出することにより精製されます。しかし、原料となる魚油には、ごく微量ではありますが水銀が含まれていることがあり、製造過程がいい加減だとこれが取り除かれない、あるいはひどい場合には逆に濃縮されてしまうことさえありえるのです。しっかりとした工場で作られたものであれば、製造の過程で当然ながら水銀は完全に取り除かれていますから、安心して摂取することができます。

-DHA・EPAサプリ 幼児、子どもには

執筆者: