中性脂肪

中性脂肪を下げる食材は?

投稿日:

イワシに含まれるEPA食事は栄養バランスを考え、まんべんなく偏らず、ゆっくり噛んで早目の時間に摂りましょう。ゆっくり食べると満足感が得られます。そして腹八分目を心がけましょう。中性脂肪については多くても自覚症状が出ないので自分で気をつけるしかありません。またアルコールは血中の中性脂肪を増やす危険があるので控え間にしましょう。魚の含まれるDHA・EPA、クルミに含まれるα‐リレイン酸、特定保健用食品など中性脂肪を下げる効果のあるものがあるので利用することも考えましょう。

例えば、イワシに含まれるEPAは肝臓に働きかけ、脂肪の排泄を活発化してくれます。
また、クルミに含まれるα‐リレイン酸は、血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールに変換する材料になります。

中性脂肪を下げる運動はある?

有酸素運動と呼ばれるもの。例えば、ジョギング、ウォーキング、スイミングなど。これらは筋肉への負担が軽い反面、身体に溜まった余分な脂質や糖質を効率よく消費することができるというメリットがあります。結果として、中性脂肪を下げることができるというわけです。毎日、二十分程度行なうようにするなら、より高い効果を期待できるでしょう。

中性脂肪を短期間で下げるには?

中性脂肪を短期間で下げるには、まず第一に暴飲暴食を止めることが大切です。中性脂肪の値は生活習慣と深く関係しており、特に食生活の改善は欠かせません。肉類や炭水化物はできるだけ避け、ササミや青魚、野菜や海藻類などを中心に食事を取る必要があります。

中性脂肪が上がる原因は?食生活?

中性脂肪が上がる原因の第一には、脂質と糖質が過剰な食生活があります。飽食の時代でおかずが豊かになると、脂っこい肉料理と一緒にご飯を多く食べる習慣も根付いたために、中性脂肪が上がる原因を作りやすくなってしまいました。他には運動不足の問題もありますから、食事の内容も充実させながら、中性脂肪を低下させることが大切です。原因を究明してからは、食事を腹八分目で抑えるなどの対策もすると効果的です。

中性脂肪が上がる原因の一つに炭水化物の取り過ぎがある

ラーメン、ライス、餃子中性脂肪は将来大きな病気を引き起こしてしまうリスクを高めてしまうので、放置するのは絶対にダメです。早い段階で対策を講じなければいけません。まずは原因を知る必要があります。中性脂肪は揚げ物や脂分が多い肉を多く食べてしまうと増えてしまいますが、炭水化物も原因の一つとして挙げることができます。

中性脂肪が上がる原因の一つ、喫煙について

中性脂肪が上がる原因の一つに喫煙があります。そう言える理由の一つは、タバコによって内臓脂肪を増加させるコルチゾールが増えるという点にあると言えるでしょう。さらに、男性の場合は男性ホルモンが、また女性の場合は女性ホルモンが減少するため、内臓脂肪がつきやすくなるのです。

運動不足が原因?中性脂肪について

中性脂肪について考えると、運動不足が与える影響が大きいことが明らかになります。習慣的によく歩いている人は、無意識のうちに脂肪を燃焼させていますから、体の中では熱産生も活発になります。基礎代謝が全体的に高まり、体温上昇によって免疫が強化するなどの恩恵も得られます。運動不足になる場合には、脂質を消費することができずに、肥満の状態を顕在化させてしまいます。中性脂肪については、運動不足への対処を有酸素運動で行うことが有効です。徒歩の移動を積極的に行うだけでなく、自転車を使って長距離を走る場合でも、燃焼効果を引き出すことができます。

下げる食べ物はある?中性脂肪について

みなさんは中性脂肪について悩みはありませんか。お肉やファーストフードを多く食べるわたしたちにとって中性脂肪は大敵。そんな中性脂肪を下げる最も効果的な食べ物は、なにか紹介します。まずはごぼうなどの食物繊維、アドレナリンが分泌されてエネルギーになる唐辛子、ポリフェノール豊富なウーロン茶、そしてEPAが含まれるイワシやサンマなどの青魚です。下げる食材をとっているから大丈夫と、上げる食材をとってしまっては意味がありません。例えばドレッシングはノンオイルにするなど工夫をしながら対策をしましょう。中性脂肪について悩まない生活を送れる食生活が大切ですね。

中性脂肪を減らすには間食をやめよう

スナック菓子中性脂肪を効率よく減らす一つの効果的な方法は、食事と食事の間の間食をやめることです。なぜなら、実際に摂取する糖質や脂質を減らすことができるからです。また基本的に、空腹を感じている時間中に、中性脂肪は分解されているものです。是非とも間食をやめて気になる中性脂肪を減らせるよう心がけましょう。

中性脂肪を減らすウォーキングのポイント

ウォーキングは、負荷が軽いために、怪我をするリスクも低く、長期間続けやすいということもメリットです。より短期間で中性脂肪を効率的に減らすことを目的とするのでしたら、ジョギングやエアロビクスなど、やや運動量の多いものを実践してみると良いでしょう。
いずれにしても、継続して行うことで効果が徐々に見られるようになりますので、1日や2日でやめてしまわないようにすることが大切です。

中性脂肪を減らす筋トレの方法は?

筋トレで中性脂肪を減らすには、まず大きい筋肉を鍛えることが先決です。太腿、お尻、背中、胸が大きい筋肉群で、種ウェイトトレーニングの種目としてはスクワット、デッドリフト、ベンチプレスがあります。

ダイエットをすれば中性脂肪は減らすことができる?

お腹周りのお肉が気になって仕方ない人は大勢います。その原因は中性脂肪です。摂取カロリーが消費カロリーを上回るオーバーカロリー状態になると、余分なエネルギーを皮下脂肪や内臓脂肪として体内に蓄えてしまいます。ダイエットのため中性脂肪を減らすには、消費カロリーが摂取カロリーを上回るアンダーカロリー状態を作らなければなりません。

正しいダイエットを行えば、中性脂肪は確実に減らしていくことができます。

中性脂肪サプリの効果は?

中性脂肪を減らす方法のひとつに、DHAやEPA等の成分が配合されたサプリメントを飲むという方法があります。
ただ、注意をしておかなければいけないのが、飲めば一気に減るのではなく、効果はとても緩やかに出てくるという事です。

薬ではありませんので、副作用等の心配が殆どない状態で、中性脂肪対策が出来るというメリットがあります。中性脂肪が気になるのであればDHA・EPAサプリメントの活用がおすすめです。

DHAサプリメントが中性脂肪を減らす

中性脂肪を減らすDHAは、自然の食事の中には青魚に多く含まれています。このDHAは中性脂肪を減らしてくれると言われていますが、どのようにしてそのようなことが起こるのでしょうか。
それはまず中性脂肪の体内での消費を促進するためです。体内で燃焼しエネルギーとして利用することを促すのです。そして体内での合成量を少なくする効果があります。これによって血中濃度が少なくなるのです。このような作用によって血液中の中性脂肪の量は少なくなるのです。これによって血液をドロドロにする成分が少なくなり、血栓塞栓症の予防が期待できます。

-中性脂肪

執筆者: