DHA・EPAを学ぶ

DHA・EPAサプリが中性脂肪を減らす

更新日:

イワシに含まれるEPADHAは、自然の食事の中には青魚に多く含まれています。

このDHAは中性脂肪を減らしてくれますが、なぜでしょう。

それは、まず中性脂肪の体内消費を促進するためです。

体内で燃焼し、エネルギーとしての利用を促します。

そして体内での合成量を少なくする効果があります。

これによって血中濃度が少なくなります。

このような作用によって血液中の中性脂肪の量は少なくなります。

さらには。血液をドロドロにする成分が少なくなり、血栓塞栓症の予防が期待できます。

冷凍食品や缶詰など多くの魚の加工食品を製造しているニッスイは、DHAとEPAが中性脂肪値を下げる効果があることを紹介しています。

中性脂肪を下げる食材は?

中性脂肪を下げる食材は?
みなさんは、中性脂肪についての悩みがありませんか。

お肉や中華料理、ファーストフード、こってりラーメンが大好きな我々にとって、中性脂肪は大敵。

食事は栄養バランスを考え、まんべんなく偏らず、ゆっくり噛んで早目の時間に摂りましょう。

ゆっくり食べると満足感が得られます。そして腹八分目を心がけましょう。

中性脂肪については多くても自覚症状が出ないので自分で気をつけるしかありません。

またアルコールは血中の中性脂肪を増やす危険があるので控え間にしましょう。

そんな中性脂肪を下げる最も効果的な食べ物は何か紹介します。

魚の含まれるDHA・EPA、特定保健用食品など中性脂肪を下げる効果のあるものがあるので利用することも考えましょう。

例えば、イワシに含まれるEPAは肝臓に働きかけ、脂肪の排泄を活発化してくれます。

クルミに含まれるα‐リレイン酸は、血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールに変換する材料になります。

ごぼうなどの食物繊維、アドレナリンが分泌されてエネルギーになる唐辛子、ポリフェノール豊富なウーロン茶、そしてEPAが含まれるイワシやサンマなどの青魚もおすすめ。

下げる食材をとっているから大丈夫と、上げる食材をとってしまっては意味がありません。

例えばドレッシングはノンオイルにするなど工夫をしながら対策をしましょう。

中性脂肪で悩まないよう、食生活を見直してください。

中性脂肪を減らすには間食をやめよう

スナック菓子中性脂肪を効率よく減らすために、まずは、間食をやめましょう。

なぜなら、実際に摂取する糖質や脂質を減らせるからです。

また基本的に、空腹を感じている時間に、中性脂肪は分解されています。

間食をやめて気になる中性脂肪を減らしましょう。

中性脂肪が上がる原因の一つに炭水化物の取り過ぎがある

中性脂肪は将来大きな病気を引き起こしてしまうリスクを高めてしまうので、放置するのは絶対にダメです。

早い段階で対策を講じてください。

まずは原因を知る必要があります。中性脂肪は揚げ物や脂分が多い肉を多く食べてしまうと増えてしまいますが、炭水化物も原因の一つとして挙げられます。

中性脂肪を短期間で下げるには?

中性脂肪を短期間で下げるには、まず第一に暴飲暴食を止めましょう。

中性脂肪の値は生活習慣と深く関係しており、特に食生活の改善は欠かせません。

肉類や炭水化物はできるだけ避け、ササミや青魚、野菜や海藻類などを中心に食事を取る必要があります。

中性脂肪が上がる原因は?食生活?

中性脂肪が上がる原因の第一には、脂質と糖質が過剰な食生活があります。

飽食の時代でおかずが豊かになると、脂っこい肉料理と一緒にご飯を多く食べる習慣も根付いたために、中性脂肪が上がる原因を作りやすくしました。

他には運動不足の問題もありますから、食事の内容も充実させながら、中性脂肪を低下させましょう。

併せて、食事を腹八分目で抑えると効果的です。

中性脂肪やコレステロール対策に!良質なあぶらを

DHAやEPAは、血中コレステロールを下げる成分として注目されています。

青魚に多いこの成分は、血液をサラサラし、中性脂肪と悪玉コレステロールを速やかに体外に排出できます。

毎日青魚を食べれれば良いですが、現代の食生活では、なかなか実現できません。

そこで、DHAやEPAを含むサプリの服用が効果的に摂取できるコツです。

毎日少しずつですが、しっかりと2つの成分を取り込めば、血液と血管が健康になります。

そして、食事の中で、積極的に青魚を食べると更に効果が倍増します。

魚に多く含まれているDHAやEPAはオメガ3系脂肪酸と言われ、様々な効果が見込める栄養素です。

体に炎症を起こす脂がお肉の脂(オメガ6系脂肪酸)であれば、DHAやEPAは体の炎症を抑える働きがあります。

アトピーやアレルギー対策として効果があると言われていますし、血液をなめらかにするので、動脈硬化の予防にも効果的です。

魚から摂取できますが、最近は水銀の摂取を防ぐためにサプリメントで摂る方も少なくありません。

良質な脂を取れば体の潤滑油として機能してくれるので自分にあった会社の商品を選びましょう。

中性脂肪を下げる運動はある?

有酸素運動と呼ばれるもの。例えば、ジョギング、ウォーキング、スイミングなど。

これらは筋肉への負担が軽い反面、身体に溜まった余分な脂質や糖質を効率よく消費することができるというメリットがあります。

結果として、中性脂肪が下がります。毎日、20分程度行ったら、より高い効果を期待できます。

運動不足が原因?中性脂肪について

中性脂肪がついた原因は、運動不足の影響がかなり高いです。

習慣的によく歩いている人は、無意識のうちに脂肪を燃焼させていますから、体の中では熱産生も活発になります。

基礎代謝が全体的に高まり、体温上昇によって免疫が強化するなどの恩恵も得られます。

運動不足は、脂質を消費できずに、肥満の状態を顕在化させてしまいます。

運動不足への対処法として、有酸素運動を行いましょう。

徒歩の移動を積極的に行うだけでなく、自転車を使って長距離を走っても、燃焼効果を引き出せます。

中性脂肪を減らすウォーキングのポイント

ウォーキングは、負荷が軽いために、怪我をするリスクも低く、長期間続けやすいのでおすすめします。

より短期間で中性脂肪を効率的に減らしたいなら、ジョギングやエアロビクス、水泳が効果的です。

いずれにしても、継続して行うことで効果が徐々に見られます。

中性脂肪を減らす筋トレの方法は?

筋トレで中性脂肪を減らすには、まず大きい筋肉を鍛えることが先決です。

太腿、お尻、背中、胸が大きい筋肉群で、種ウェイトトレーニングの種目としてはスクワット、デッドリフト、ベンチプレスがあります。

ダイエットをすれば中性脂肪は減らすことができる?

お腹周りのお肉が気になる方は大勢います。

その原因は中性脂肪です。
摂取カロリーが消費カロリーを上回るオーバーカロリー状態になると、余分なエネルギーを皮下脂肪や内臓脂肪として体内に蓄えてしまいます。

ダイエットのため中性脂肪を減らすには、消費カロリーが摂取カロリーを上回るアンダーカロリー状態を作らなければなりません。

正しいダイエットを行えば、中性脂肪は確実に減らせます。

中性脂肪が上がる原因の一つ、喫煙について

中性脂肪が上がる原因の一つに喫煙があります。

そう言える理由の一つは、タバコによって内臓脂肪を増加させるコルチゾールが増えるからです。

さらに、喫煙によって男性は男性ホルモンが、女性は女性ホルモンが減少するため、内臓脂肪がつきやすくなります。

消費者庁の評価A!DHA・EPAに中性脂肪の値を下げる働きがある

平成24年4月25日に消費者庁は、DHA・EPAに中性脂肪の値を下げる働きがあると報告しています。

消費者庁「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告の資料を調べたところ最高評価のランクA(血中中性脂肪低減作用A)をつけています。

ただし、あくまでDHA・EPAサプリメントは健康食品です。

医薬品と思わせるような誤認を招く誇大表記をしないようにといった注意書きもありました。

カラダにいいのは、よくわかった。でも、毎日魚を食べるってちょっと限界がありますよね。

そこで、登場するのがDHAとEPAのサプリメントです。

毎日鮮度の高いまま魚を食べ続けるのは、都会に暮らすほど現実的ではありません。

それぞれを毎日効率よく摂取するためにDHA・EPAサプリメントが活躍します。

DHA・EPAサプリと悪玉コレステロール値

健康数値DHAは、体内で合成されない脂肪酸(栄養素)で食べ物から摂取するしかないです。

血液の粘度を下げてサラサラにする働きがあります。

EPAは、エイコタペンタエン酸のことです。

中性脂肪が低下する働きがあるといわれています。

血管を柔らかくしなやかにする作用があるので、血管に関係する病気のリスクを下げると考えられています。

DHAは、マグロをたくさん食べると人間の体内に溜まるといわれています。

マグロにDHA成分が多く含まれる理由としては、マグロは青魚を餌にしているので他の魚よりもDHAが豊富です。

DHAやEPAがもつそれぞれの働きでコレステロールや中性脂肪を下げたい

青魚などに多く含まれるDHAとEPAは、オメガ3脂肪酸で体内では作れない必須脂肪酸です。

ともに血液をサラサラにする効果がありますが、それ以外でも多くの健康効果をもたらす成分として知られています。

また、どちらも生活習慣病の予防に高い効果を発揮するので、同じような成分と思いがちですが、人体に働きかける場所に違いがあります。
例えば中性脂肪やコレステロールの低下させる効果がともにありますが、その効果の度合いとしてはDHAはコレステロール、EPAは中性脂肪の方が高いとされています。

ですから、この2つの成分を上手く摂取すれば、中性脂肪やコレステロールをより低下させ、結果的に肥満解消につながります。

EPAは、イワシ、サンマ、ブリ、サバに多く含まれています。

悪玉コレステロールが多くなると、血液の粘度が上がり動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。

ほかにも、閉経を迎えた女性も悪玉コレステロールの数値が上がりますので気をつけましょう。

DHAとEPAはサプリメントを利用して悪玉コレステロール値を下げ、病気のリスクを少なくしましょう。

通販で購入できる中性脂肪(DHA・EPA)サプリ

市販で購入できる中性脂肪(DHA・EPA)サプリを服用すれば安心と、それに頼り過ぎないでください。

サプリというのは効能が期待される薬とは違って健康補助です。

特定の効能を約束したものではありません。

これは中性脂肪(DHA・EPA)サプリも同じ。期待していいですが、それに頼らず、あくまで補助的に服用してください。

つまり、生活習慣を見直すための第一歩として服用してください。これだけで効能があると勘違いしないでください。

中性脂肪(DHA・EPA)サプリの効果は?

中性脂肪を減らす方法のひとつに、DHAやEPA等の成分が配合されたサプリメントを飲む方法があります。

ただ、飲めば一気に減るのではなく、効果はとても緩やかです。

薬ではありませんので、副作用等の心配が殆どない状態で、中性脂肪対策が出来るというメリットがあります。

DHAとEPAの成分には健康に役立つ役割がちゃんとあって、DHAはコレステロール、EPAは中性脂肪と、それぞれのポジションで健康を支えています。

中性脂肪が気になるなら、DHA・EPAサプリメントがおすすめです。

中性脂肪(DHA・EPA)サプリをどのように活用する?

食事ではなかなか減らせない中性脂肪。

EPAやDHAを含むサプリの長期的に服用すると、数値が減っていきます。

もちろん食事や運動にも気をつけることで相乗効果がありますが、上手な飲み方をご紹介します。

それは一日の規定量を守りながら、1日数回に分けて飲みます。

食事の時がわかりやすいですが、時間などを決めて少しずつ服用することで吸収がよくなると言われています。

また、中性脂肪(DHA・EPA)サプリの副作用は基本的に過剰摂取のみです。

規定量以上の服用は避けてください。

中性脂肪を下げるサプリってことは痩せるってこと?

中性脂肪はエネルギーとして使われる人体に欠かせない脂肪ですが、消費できずに体内に蓄積されると肥満や生活習慣病の原因となります。

中性脂肪を下げるのに効果的な成分として、代表的なものにDHAとEPAがあります。

どちらもマグロやサンマなど青魚に多く含まれる成分で、中性脂肪を下げるほかに悪玉コレステロールを減少させ、血液の流れを良くするなど、様々な健康効果があります。

DHAには、中性脂肪・コレステロールを下げる、血液をサラサラにする効果、脳の情報伝達能力を高めて記憶力や判断力、集中力を向上させたり、学習能力の向上の他、認知症・アルツハイマー病の予防や抗アレルギー作用、運動能力の向上の効能があります。

EPAには、花粉症・アトピーの改善や症状軽減、血液中の中性脂肪の分解して中性脂肪を減少させる働き、血糖値を低下、精神的なアンバランスの緩和、脳の神経伝達や記憶などの機能を向上させる働きがあります。

痩せるためには運動や食事制限が重要です。

サプリメントで補いながら、健康的に痩せましょう。

まとめ

DHAはコレステロールを抑えるはたらきがある。

EPAは中性脂肪を抑えるはたらきがある。

中性脂肪が気になる方は今すぐ食生活を見直し、DHA・EPAが含んだ食材を摂り入れる。

こってり、肉系や炭水化物は要注意。魚中心の食生活を。

中性脂肪を減らすために運動は効果的。
有酸素運動の中でもウォーキングは、体への負担が少なく継続できるのでおすすめ。

DHA・EPAサプリは偏った食生活を見直すための手段のひとつ。

» おすすめDHAサプリを比較する

-DHA・EPAを学ぶ

» DHAサプリ ランキング

関連記事

DHA・EPAの効果とサプリメントの効能

DHA、EPAを多く含む食品としてまず挙げられるのが青魚です。 日本人の食卓に昔からなじみ深い青魚に含まれるこの成分の素晴らしい効果に迫ると、そこには様々な効能が認められています。 目次1 DHA・E …

DHA、EPAの違い それぞれの役割について

DHAとEPAは同じように扱われていて、その効果もあまり違いがないかと思われがちです。 しかし、まったく同じ成分ではありませんし、どこに違いがあるかを知っておきましょう。 DHAとEPAはいずれもよく …

DHA・EPAサプリの副作用について 20の見解

食事からDHAやEPAを自然に摂取できれば理想的ですが、なかなかそうもいかないと健康食品サプリメントが誕生しました。 健康食品はその名に含まれる通り食品ですから、副作用は基本的に心配しなくてよいです。 …

n-3系脂肪酸(DHA、EPA、α-リノレン酸等)の摂取量

北海道よりもはるか北、北極に近い氷の世界に住む人々は野菜が採れませんので、まず、野菜を口にしません。食料は肉や魚ばかりです。 北の人々は、栄養バランスが偏って心筋梗塞や脳梗塞などを招く生活習慣病に、陥 …

DHAとEPAはどんな食品に多く含む?魚、えごま、亜麻…

DHAとEPAは、細胞を錆びさせないオメガ3系の不飽和脂肪酸です。 目次1 DHAとEPAを食品から摂取するにはどうしたら?2 お魚からDHAとEPAを摂りこむ3 摂りこむ Q & A4 魚以 …