DHA・EPAサプリをもっと知りたい

悪玉コレステロールに対するDHA・EPAサプリの評価

更新日:

高コレステロール悪玉コレステロールが溜まると血液をドロドロにするだけでなく、肥満や便秘の原因にもなります。

年齢を重ねることで腸内環境が悪くなっていき、悪玉コレステロールが増加することはよく知られています。

コレステロール値を正常化させるためには便秘解消が必須であり、そのために食物繊維や乳酸菌が役立ちますが、DHA・EPAサプリも非常に効果的です。

DHA・EPAサプリは非常に評価が高く、健康診断対策としても活用されるほどです。

しばらく飲んでから健康診断を受けたら、数値が正常になっていたという話はよく聞きます。

それによりデトックスも促進されて、体からどんどん毒素が排出されていきます。
肥満解消、燃焼体質促進などもメリットを実感できるサプリです。

血液を元気にするDHA EPAサプリ

「必須脂肪酸」は、人間の体内で重要な働きをしてくれています。重要な働きがあるのに食事からしか摂れません。

必須脂肪酸とは、DHAとEPAのことです。

体の中の重要な部分を構成する成分で、体内で不足すると体調不良や大きな病気を引き起こす原因になります。

DHAは、悪玉コレステロールが上がることや、血液が硬くなることに効果を発揮し、EPAは、血液中の脂質のバランスを整える働きがあります。

個々に素晴らしい活躍がありますが、この2つの成分DHAとEPAは一緒に摂ることでパワーアップし、より良い健康効果が得られます。

ですから、サプリメントは2つの成分が配合された商品が多いです。

DHA&EPAで血液を健康にしましょう

DHAとEPAは、血液の健康に欠かせない成分です。

ですが、食品から一日に必要な量をなかなか摂れません。

サプリメントでカバーする方が増えています。

食品で摂ろうと思うと、マグロなら1本から2本分くらいの量を食べないと十分には摂れませんが、サプリメントなら1錠くらいで済みます。

血液の健康を考えるなら、DHAとEPAはサプリメントが楽だと思います。

血液が健康でないと、心臓病などの大きな病気を招くおそれがあるので、予防は必要です。

EPAやDHAサプリと悪玉コレステロール値

健康数値DHAは、体内で合成されない脂肪酸(栄養素)で食べ物から摂取するしかないです。

血液の粘度を下げてサラサラにする働きがあります。

EPAは、エイコタペンタエン酸のことです。

中性脂肪が低下する働きがあるといわれています。

血管を柔らかくしなやかにする作用があるので、血管に関係する病気のリスクを下げると考えられています。

DHAは、マグロをたくさん食べると人間の体内に溜まるといわれています。

マグロにDHA成分が多く含まれる理由としては、マグロは青魚を餌にしているので他の魚よりもDHAが豊富です。

マグロに多く含まれるDHA成分で血液サラサラ効果!

日本人に馴染みが深い魚の一つにマグロがありますが、実はマグロには最近話題のDHAが豊富に含まれています。

DHAには血液をサラサラにする効果があります。

血流がスムーズに流れる要因の一つに赤血球の柔軟さが挙げられます。

赤血球が硬くなってしまうと細い血管を流れにくくなってしまい、血流が悪くなります。

しかし、DHAには赤血球を柔軟にする効果があるため、血流を促します。

さらに血中の余分な悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果もあるため、血液をサラサラできます。

DHAとEPAの脳への効果の違い

DHAとEPAは同じように扱われていて、その効果もあまり違いがないかと思われがちです。

脳に対してはそれぞれが持っている特徴が違い、DHAは構造的に、記憶力アップ、痴呆症の予防・改善、視力の改善、精神を安定させるなどがあり、それが頭がよくなると言われている理由です。

EPAには機能的に、血栓を予防し脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ、動脈硬化を予防し、悪玉コレステロールの減少、血圧を下げ安定させる、炎症反応を抑制させる、中性脂肪を減少させるなどがあります。

DHAは脳や神経に効果的な成分であり、EPAは血液や血管に効果的な成分です。

DHAとEPAの効果の違いはあるの?

DHAとEPAはどちらも魚に多く含まれている成分であり、似たような効果を期待できると言われています。

しかし、まったく同じ成分ではありませんし、どこに違いがあるかを知っておきましょう。

DHAとEPAはどちらも中性脂肪やコレステロールを低下させる効果があります。

DHAとEPAの成分は連携しながら脳内の血管の健康を保っているため、バランスよく摂取してください。

DHAやEPAがもつそれぞれの働きでコレステロールや中性脂肪を下げたい

青魚などに多く含まれるDHAとEPAは、オメガ3脂肪酸で体内では作れない必須脂肪酸です。

ともに血液をサラサラにする効果がありますが、それ以外でも多くの健康効果をもたらす成分として知られています。

また、どちらも生活習慣病の予防に高い効果を発揮するので、同じような成分と思いがちですが、人体に働きかける場所に違いがあります。

例えば中性脂肪やコレステロールの低下させる効果がともにありますが、その効果の度合いとしてはDHAはコレステロール、EPAは中性脂肪の方が高いとされています。

ですから、この2つの成分を上手く摂取すれば、中性脂肪やコレステロールをより低下させ、結果的に肥満解消につながります。

EPAは、イワシ、サンマ、ブリ、サバに多く含まれています。

悪玉コレステロールが多くなると、血液の粘度が上がり動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。

ほかにも、閉経を迎えた女性も悪玉コレステロールの数値が上がりますので気をつけましょう。

DHAとEPAはサプリメントを利用して悪玉コレステロール値を下げ、病気のリスクを少なくしましょう。

» DHA・EPAサプリ 公式ページ一覧

-DHA・EPAサプリをもっと知りたい

関連記事

DHA・EPAサプリと一緒に摂取するといいビタミン

健康のために「ビタミンE」とDHA・EPAサプリを同時に摂るように工夫しましょう。 ビタミンEは食材から摂取できるものですが、ナッツ類や植物油には特に多く含まれています。 ダイエットや栄養補助を目的に …

ストレス

血栓ができにくく品質が高いDHA・EPAサプリ

食生活の乱れ、喫煙、寝不足、ストレスなどが原因で血流は悪化するので、これを解消するためにDHA・EPAサプリを摂取しましょう。 製薬会社の商品は品質が高く、吸収性や他成分とのバランスも考慮して作られて …

アトピー

DHAサプリでアトピー、アレルギーを改善

アトピー性皮膚炎ってホントになかなか治りませんよね。 私は、小学校低学年頃に発症してから、既に30年を過ぎました。とても長い付き合いです。 重度ではないですが、完治したかなと思う頃、忘れた頃にまた、背 …

うつ病

うつ病にDHA・EPAサプリは有用か?

うつ病にDHAやEPAのサプリメントが有用であるという明確な研究結果は出されていませんが、DHAやEPAそのものが何らかの作用を及ぼしていることは確かです。 そもそもうつ病自体が原因不明の病であり、確 …