ニュース

いまさら聞けない酸化とは。わかりやすく おさらい

投稿日:

酸化リンゴを剝いてすぐに食べないと茶色くなる。
バナナを剝いて放っておくと黒くなる。
鉄は放っておくと錆びる。
ヘアカラー剤で髪の色を染める。

これ、どれも大気中の酸素に触れて「酸化」した状態です。コンビニ弁当や、おにぎりに賞味期限があるのは、酸化する前に食べましょうということで、酸化とは、酸素に触れることでそのものの持つ成分、性質が変化し、鮮度が下がっていく過程、腐っていく状態を指すといって良いでしょう。酸素に触れている時間が長いほど、劣化していく、酸化するということになります。

全ての万物は、酸化し続ける

全ての自然物は、酸素に触れることで酸化していきます。ヒトも例外ではありません。歳を重ねることで、皮膚がタルんだり、シミができたり、思うようにカラダが動かなくなる老化も要は、酸化です。最近では、人に対しても劣化という言葉を使いますもんね。酸化って言ってもいいと思います。

同窓会にいってびっくり!全然変わらないあいつの秘密

さて、では、同じ40歳でも、若く見える場合と老けて見える場合の差はどこから来るのでしょうか。肌が若く見える場合では、紫外線に肌が当たってる時間で、酸化、老化に大きな差が出ます。食べているものでも、もちろん変わってきます。例えば、剝いたリンゴを塩水につけておくと茶色くならない。車は、鉄のボディの上から塗装しているから、なかなか錆びない。など、酸化しない工夫をヒトも体内外でしていけば、若さを維持できます。

カラダに取り入れる食べ物は、なにより新鮮なものを体内に入れること。
昨日の料理を翌日に食べないこと。酸化済みの食べ物は控えること。揚げ物、こってり中華料理、スナック菓子など、酸化済みの食べ物は血液をドロドロにします。食べた後のあの胃がもたれる感じは、油を処理出来ずに困っている状態です。DHA・EPAは血液をサラサラにする効果があり、鮮度の高い状態の魚を食べることで、若さを保つ効果が期待できますが、サプリから摂取する場合は、そのサプリが鮮度の高いまま、体内に浸み込ませることが出来るかがとても大事です。酸化させないまま体内に取り込めれば高い効果が期待できます。

肌の酸化を抑えたい場合はとにかく紫外線に当たらないことです。当たる場合は、日焼け止めクリームを塗りましょう。

酸化についてのまとめ

全ての自然物は酸素に触れた瞬間より酸化し続ける。
ヒトも例外ではなく日々酸化しています。人の場合それを老化という。
酸化を止めることは不可能ではあるが、遅らせる方法はある。
鮮度の高い食品を摂り続けることで、若さを保てる。
肌の酸化を速めるのは、紫外線。

酸化を正しく理解して、いつまでも若さを保ちましょう。

抗酸化とは

人間は空気を吸って生活しています。空気の21%は酸素です。酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。ところが体の中に入った酸素がすべてエネルギーを作るために使われれば良いのですが、使われなかった分は酸化してしまいます。簡単に考えると「さび付いた状態」になるということです。金属にさびが出た状態を想像してください。それと同じ現象が体の中で起きると考えてください。一度酸化がおき始めるとどんどん連鎖反応で進んでしまうのです。

体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。体の中を錆付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。つまり、活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防や老化を抑えることです。

動脈硬化や、ガンなど生活習慣病、白髪やしみ、しわなど老化の原因で、肝臓にもっともたまりやすいといわれています。

年齢とともに発生量が増えることもわかっています。 また、多量飲酒、ストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、紫外線なども活性酸素を増やす原因となっています。

ですから抗酸化作用の高い食品やサプリメントを取ると体の本来の機能を低下させないようサポートできるわけです。

活性酸素を増やす因子は:紫外線、喫煙、車の排気ガス、電磁波、放射線、環境ホルモン、殺虫剤、農薬、ストレス、栄養素の不足などたくさん身の回りにあります。

意識をして抗酸化の食品やサプリメントを摂取されることをお勧めします。
(JSA 日本抗酸化学会)

-ニュース

執筆者: