DHA・EPAを学ぶ

DHA・EPAサプリの副作用について 20の見解

更新日:

DHA EPA 副作用食事からDHAやEPAを自然に摂取できれば理想的ですが、なかなかそうもいかないと健康食品サプリメントが誕生しました。

健康食品はその名に含まれる通り食品ですから、副作用は基本的に心配しなくてよいです。

しかし、食品に対してアレルギーを持っている方もいますので、人によっては、合わないサプリメントもあると思います。

不足しがちな成分だけ抽出したサプリメントをカラダに摂りこむなんて今じゃ当たり前ですが、冷静に考えてみると人間の知恵ってすごいですね。

22世紀になる頃には、1日の栄養成分が1粒に全て凝縮されたサプリがありそうです(もっと早いかな)。

サプリの副作用っていわば、人間の知恵が生み出した副産物です。

健康を目指して健康食品を買ったのに副作用が起こったなんて、もったいなさすぎです。

不足しがちな必須脂肪酸DHA、EPA。その副作用について調べてみました

このページでDHAサプリの副作用を正しく理解してください。

DHA・EPAサプリの副作用についての様々な報告をまとめました。

副作用についての見解1

過剰摂取による症状として、吐き気や下痢が報告されています。

消費者庁の安全性評価シートにそのことが詳しく書かれていました。

また、血が止まりにくくなったり、血圧が下がり過ぎたりすることがあります。

相互作用に注意が必要な医薬品もあります。

降圧薬や抗凝固薬・抗血小板薬(血液をサラサラにする薬)を飲んでいる人は、上記の副作用が出やすいので、必ず医師と相談してください。

また、イチョウ葉エキスやニンニクエキスなどの健康食品やサプリメントを使っている人も同様です。医師に相談しましょう。

DHA、EPAを合わせて1日の摂取量が3,000mgを超えると、副作用が出やすくなります。

マイワシを100g食べると1381mg、マグロ100gで1288mgのEPAが摂れます。

お魚好き、お寿司好きの人は過剰摂取に注意してください。

足りない分だけ補うのが、サプリメントの上手な活用法です。

副作用についての見解2

脳によいといわれるDHAやEPAは食材やサプリメントから積極的に摂取したいです。

しかし、副作用についてはあまり知られていません。

適切な摂取量なら問題はありませんが、過剰にDHAを摂りすぎると吐き気や下痢、出血が止まらなくなるといった副作用が報告されています。

特に、血圧を下げる薬を服用している人は医師に相談してください。

副作用についての見解3

DHAに副作用の心配はありません。

ただし、それは他に薬を服用しておらず適量を摂取している場合、というのが条件です。

過剰に摂取すれば、吐き気をもよおしたり、下痢や出血が止まらなくなる、血圧が下がるなどの副作用が現れることもあります。

また、血を固まりにくくする薬や血圧を下げる薬を服用している方は注意です。

EPAは血液サラサラ効果で血流を良くしたり血圧を下げる効果があるため、出血しやすくなったり、血圧が下がる恐れがあります。

薬を服用している場合は医師と相談してDHA・EPAサプリメントの摂取量を調整してください。

副作用についての見解4

DHAとEPAには副作用はないので、魚・サプリメントのどちらで摂取しても作用には変わりません。

ただ、食事として摂取する場合は塩分の摂りすぎには注意です。

例えば缶詰にはナトリウムが含まれており、食べすぎは塩分過多の原因になります。

DHAをサプリメントとして摂取する場合は、塩分を気にする必要はありません。

またカロリーもゼロに近いので、1日の摂取カロリーに含める必要はないでしょう。

サプリメントのカロリーが原因で肥満にならないので、魚が嫌いな方は毎食後に飲みましょう。

副作用がないので毎日摂取をしても、健康を害しません。

副作用についての見解5

DHAの摂取量ってご存知ですか?

もちろん1日に必要な量です。

効果的な摂取量としては、DHAとEPAを合わせて1gです。

この量を毎日摂取し、充実した健康的な生活をおくりたいですね。

いくら健康に良いと言って過剰摂取は、やはりよくありません。

実は、DHA摂取による副作用の真相の多くは、この過剰摂取が原因です。

特に、1日に3g以上摂取した場合には、下痢、吐き気、鼻血などの症状がみられることもあります。

何事もそうでが、欲張るとろくなことがありません。急ぎたい気持ちを抑え、きちんと決まった量を摂りましょう。

副作用についての見解6

中性脂肪やコレステロール値が気になっている方にとって、DHA・EPAサプリは救世主的な成分です。

DHAやEPAは中性脂肪を減らす、血小板凝集を抑える効果が科学的にも実証されています。

中性脂肪値が高い方は、生活習慣病のリスクを回避出来ます。

そんな気になるDHA・EPAサプリの価格ですが、メーカーや用量によって多少の違いはあるものの高級サプリメントと違い、比較的続けやすい価格帯が多いです。

手軽に健康維持が出来るアイテムとして注目されています。

ただ過剰に摂取すると副作用の心配もあります。

血小板凝集を抑える効果が強くなりすぎると怪我で出血した際に血が止まりにくくなります。

病院で血液凝固阻止剤や血圧を下げる薬を処方されている方はサプリメントを飲む前に医師に相談してください。

副作用についての見解7

DHAとEPAは、さまざまな病気を予防するのに役立つ成分です。

DHAは血液から脳に運ばれていくので、記憶力や学習能力など脳の活動を高める効果があると言われています。

気分を穏やかにしたり、視力を良くするなど神経に働きかけることから様々な効果が期待できる成分です。

DHAとEPAサプリは、重要な栄養素を手軽に摂取できるので人気が高く、現在では多くの人が利用しています。

サプリは食品と同じ扱いなので、よほど過剰に摂取しない限り副作用の心配はありません。

効果に期待して必要以上の量を摂って副作用が起きないよう、過剰摂取には気をつけましょう。

副作用についての見解8

DHAは血管や赤血球の細胞膜をしなやかにし、血流を良くするほか、脳の神経に働きかけ脳の働きを活性化させる働きがあります。

EPAは、主に血栓を防いで血液をサラサラにします。

最近では、コンビニでも見かけるようになり、健康食品としてより身近になっています。

一方で、過剰摂取や体質により、下痢、吐き気などの副作用があらわれたという方もいらっしゃいます。

また、稀に過剰摂取で出血が止まりにくいなどの症状が出る場合もありますので、血液系の病気を持つ人は、医師に相談するようにしましょう。

副作用についての見解9

両者ともに、心筋梗塞などの予防となる血小板擬集抑制効果もありますが、より効果が期待できるのはEPAです。

基本的には、どちらも副作用はありませんが、過剰摂取には注意です。

副作用についての見解10

血液が濁っていない状態を保つことが、健康であるための重要であることはよく知られています。

青魚の成分であるDHAとEPAには、その効能が期待出来ます。

中高年の6割以上が血液が濁っていると言われますから45歳ごろから予防対策しておかないと、動脈硬化や糖尿病・心疾患・脳疾患のリスクが高まります。

動脈硬化の予防として一日に1gから2gのDHA・EPAを摂取しましょう。

一日3gを継続摂取すると過剰摂取となり、吐き気や軟便・下痢の副作用がおこることも。

食事だけでは足りない時はサプリメントで補いましょう。

副作用についての見解11

2つの成分の共通の効果は、アレルギーや炎症を抑えることによる花粉症、アトピー、ぜんそくの緩和、LDLコレステロールの低下、血栓の予防などが挙げられます。

DHAの効果は脳や網膜の関門を抜けることが出来るので、脳機能の活性化、視力の回復が挙げられます。

EPAの効果は血中脂質の分解を促進する、肝臓内での脂質の生成を抑制する、血圧を下げるなどが挙げられます。

また「GLP-1」別名、痩せホルモンの分泌を促し、血糖値を下げ満腹感を高めるダイエット効果もあるようです。

副作用が出るとしたら摂りすぎです。

3g以上を連日摂り続けると吐き気や下痢、血圧低下、出血が止まりにくくなるなどの体調不良が起こるかもしれません。

マグロ、サンマ、サバなどの脂ののった青魚は、100gに4gほどの成分を含みますが毎日続けて食べなければ問題ないでしょう。

他の魚、イワシやサケやホッケ、いかや貝類は心配ない数値です。

副作用についての見解12

DHA・EPAは、摂取するのが難しく、ほとんどの方が不足しています。

不足理由は、イワシやアジといった青魚なら一尾丸ごと、マグロなら5切れ、サバの切り身でも一切れを毎日継続して食べられないからです。

近年では、DHAやEPA配合のサプリが存在するため、比較的に日常生活でも簡単に摂取できます。

DHA・EPAのサプリからの摂取量は1日1g程度にしてください。

摂取しやすくなると今度は、過剰摂取による副作用の恐れがあります。

詳しく副作用を説明すると、DHAには血圧を下げる働きがあるため、血圧降下の薬を服用している方は注意してください。

飲み合わせを避けるか医師の相談の上、処方してください。

また目立った症状は、腹痛や下痢です。

副作用についての見解13

DHAには、血液をサラサラにするなどの健康効果があります。

DHAの摂取に関する注意点の一つは、過剰摂取です。

過剰に摂取してしまうと出血が止まりにくいといった副作用を引き起こします。

それで、摂取量の目安は必ず守りましょう。

例えば、血圧を下げる薬や血液凝固阻止剤を服用している方は、医師に確認してください。

1日3g以上を摂取し続けると、血液をサラサラにしてくれる効果が逆効果となり血が止まりにくくなったり吐き気や下痢に鼻血などが出てしまいやすくなるので注意です。

副作用についての見解14

青魚などから摂取する必須脂肪酸であるDHAとEPAは、血液をサラサラにするなど健康効果が高い成分として注目されています。

よく一括りにされていますが、それぞれに多少の違いがあり、EPAはアトピー性皮膚炎の緩和、美肌、生活習慣病の予防、ダイエットが挙げられます。

DHAにも生活習慣病予防がありますが、違うのは脳の発達促進、視力アップが見られます。

これほどの健康効果がある一方で、気になるのが副作用です。

過剰摂取してしまうと出血が止まらない、吐き気や下痢の症状が現れる可能性があります。

しかし、適切な摂取量を守っていれば問題ないです。

副作用についての見解15

副作用については特に記載されていないことも多いのですが、EPAで3,000mg以上摂ると、出血しやすくなるというデータがあります。

また、イチョウ葉エキスやガーリック、ショウガ、アロエなどの血液サラサラ系の他のサプリメントと併用すると相乗効果で一層出血が止まりにくくなります。

日々、DHA、EPAサプリを飲用していて手術を受ける予定のある方は、必ず担当医に告げてください。

副作用についての見解16

EPAは血栓を防ぎ、DHAは血管や赤血球の細胞膜をやわらかくすることにより動脈硬化が引き起こされる血液を改善。

アレルギー反応を鎮静化し、炎症を抑止。

中性脂肪を軽減させくれてる働きがあり、実際にEPA、DHAを合わせた薬が認められている。

インシュリンの分泌を活性化することによる血糖値低下。

脳塞栓症などが起きがちになるのを阻止。

血液の流動性を高めて血圧を低下。

といった6つの効果があります。

一度に大量に摂りいれると吐き気や下痢、出血が止まりにくくなるなどの副作用が現れることもあります。

また、EPAは、酸化されやすいという側面を抱えています。

副作用についての見解17

様々な健康効果があるDHAですがその効果と副作用をリサーチしてみました。

有名な効果として、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

DHAが不足すると赤血球が固くなります。

そうすると、赤血球が血管の細いところを形を変形させながら通ることができなくなり、血流が悪くなります。

DHAを摂取すれば、赤血球が本来の柔らかさに戻り、血流が良くなり、血液がサラサラになります。

では、副作用はないでしょうか?過剰摂取による下痢や鼻血、吐き気の報告はありますが、大きな副作用は報告されていません。

青魚に多く含まれていますが、青魚を食べる時に注意があります。魚の中には微量ですが、水銀が含まれます。

体に良いからと青魚を多量に食べると、水銀も一緒に摂取してしまいます。

妊婦さんなどは胎児への影響を考えて、食べすぎないよう気を付けてください。

副作用についての見解18

店頭やネット通販でも、DHAやEPAのサプリメントがたくさん販売されています。

これらのサプリメントは、正しく服用しないと、副作用が起こる危険性もあります。

副作用が起こる原因としては、用法用量を正しく守らない場合や、薬との飲み合わせなどが挙げられます。

指定された用法用量を超えて服用した場合、吐き気や下痢などの症状が現れることがあります。

服用方法を正しく守って上手に服用すれば、DHAやEPAは大変健康に良い成分です。

副作用についての見解19

魚油の中に豊富に含まれているのがDHA・EPAで、血液をサラサラにしたりアレルギー症状を軽くしたりする効果が期待できる成分です。

毎日魚を摂取する事によって、アテローム性動脈硬化等を予防する働きも期待出来ます。

しかしDHA・EPAは合わせて1日のうち1gが摂取基準量となっており、過剰摂取すればより高い効果が期待できるわけではありません。

1日合計で3g以上摂取してしまうと下痢や嘔吐等の副作用だけでなく、血液サラサラ効果が過剰に働いてしまい、出血が止まりにくくなってしまう場合も有ります。

注目のDHAには様々な効果があります。EPAを一緒に摂取するとさらに相乗効果で様々な健康に良い効果が期待できます。基本的には副作用の心配はありませんが、過剰摂取には注意しましょう。

副作用についての見解20

副作用が出たりしないか不安になりますが、普通に摂取していれば副作用の心配はありません。

過剰に摂取した場合は吐き気、下痢、鼻血、軟便やげっぷなどの副作用があらわれることがあります。

過剰摂取で消化不良を起こし、発生します。

1日3g以上摂取すると過剰摂取になるため、量には注意してください。

ちなみにDHA1gあたりはサンマ1尾、マグロのトロ2~3切れ、ブリ4~5切れです。

まとめ

DHA・EPA缶詰共通して言えるのは、過剰摂取からくる副作用です。

不足しがちな成分だからと、サプリメントが開発されたのに、効果を急ぐあまり多量摂取によって副作用が報告され始めたようです。

過剰摂取が出るラインはDHAとEPAを合わせて3gです。

基本的には、用量・用法を守っていれば副作用を気にする必要はなし。

お寿司を食べた、魚の缶詰を食べたなどお魚を食べた日には、DHAサプリを飲まない、または、量を減らすなど調整する。

魚の缶詰には、DHAとEPAの含有量が側面に記載されていますので参考にしてください。

コレステロールの数値が高いからといって量を増やさない。

ただし、血圧を下げる薬を飲んでいる方は必ず医師と相談。

サプリメントの怖さは、必要成分だけを容易に大量摂取できること。効果を焦らず、一定量を継続してください。

健康食品の正しい利用法について厚生労働省の資料がありましたので参考にしてください。

» おすすめDHAサプリを比較する

-DHA・EPAを学ぶ

» DHAサプリ ランキング

関連記事

DHA・EPAの効果とサプリメントの効能

DHA、EPAを多く含む食品としてまず挙げられるのが青魚です。 日本人の食卓に昔からなじみ深い青魚に含まれるこの成分の素晴らしい効果に迫ると、そこには様々な効能が認められています。 目次1 DHA・E …

DHA、EPAの違い それぞれの役割について

DHAとEPAは同じように扱われていて、その効果もあまり違いがないかと思われがちです。 しかし、まったく同じ成分ではありませんし、どこに違いがあるかを知っておきましょう。 DHAとEPAはいずれもよく …

n-3系脂肪酸(DHA、EPA、α-リノレン酸等)の摂取量

北海道よりもはるか北、北極に近い氷の世界に住む人々は野菜が採れませんので、まず、野菜を口にしません。食料は肉や魚ばかりです。 北の人々は、栄養バランスが偏って心筋梗塞や脳梗塞などを招く生活習慣病に、陥 …

DHAとEPAはどんな食品に多く含む?魚、えごま、亜麻…

DHAとEPAは、細胞を錆びさせないオメガ3系の不飽和脂肪酸です。 目次1 DHAとEPAを食品から摂取するにはどうしたら?2 お魚からDHAとEPAを摂りこむ3 摂りこむ Q & A4 魚以 …

DHA・EPAサプリは食前、食後?いつ飲むのがよい?

調べてみたところ、たくさんの「いつ飲む論」がありましたのでご紹介します。 DHA・EPAサプリを飲むタイミングについて いつ飲む論1 DHA・EPAサプリのパッケージを読んでもいつ飲むかが明確に書かれ …