DHA・EPAサプリをもっと知りたい

血栓ができにくく品質が高いDHA・EPAサプリ

更新日:

ストレス食生活の乱れ、喫煙、寝不足、ストレスなどが原因で血流は悪化するので、これを解消するためにDHA・EPAサプリを摂取しましょう。

製薬会社の商品は品質が高く、吸収性や他成分とのバランスも考慮して作られています。

DHA・EPAサプリは数日飲んからといってすぐに実感できません。
最低でも1ヶ月は飲んでください。

1ヶ月で体感できれば早く、基本は3~6ヶ月以上の飲用を考えてましょう。
長期的に飲んでいると、やめたときに体調変化を実感できます。

血栓予防に効果的な栄養素とDHA・EPAサプリ

血栓予防に効果的な栄養素に加えて、DHAとEPAをサプリからも吸収すれば効果的です。

血栓予防を促進する成分としては、納豆に含まれるナットウキナーゼが有名です。

さらに、ニンニクや玉ねぎの辛味成分となるアリシンにも同様な効果があるため、サプリの原料としても使われています。

日本の伝統的な和食では、主菜としてサンマやイワシなどの焼き魚を添えて、副菜には納豆や海藻の煮物を選ぶことが一般的でした。

このような食事にすれば、血液の健康にとっても理想的ですが、最近では魚を食べない人が増えています。

そのため、足りない分はDHAとEPAのサプリから補いながら、納豆やニンニクは好みに合わせて食卓で利用する習慣が広まりました。

魚を食べて健康に!EPA&DHAの効能

EPA、DHAについてご存知でしょうか。

これらは青魚に多く含まれており、食べることで私たちの健康により良い影響をもたらします。

その効能とは一体どのようなものでしょうか。

EPAは、血液中の健康、特に血栓をできにくくするという効能があります。

そしてDHAは、人の脳や神経系に関わっています。このことから、乳幼児の脳や神経の発達に効果があります。

魚を積極的に食べることで脳や血液中の健康を保てます。

EPAのサプリメントに水銀は含まれている?EPAとは?

EPAは秋刀魚や鯖・イワシなどの青魚に多く含まれます。

血栓を作らせない作用があることから血管の疾患を予防する効果があります。

また、EPAやDHAのサプリメントに使われる魚由来の精油については、その生成過程で水銀やその他の有害物質は取り除かれているので安全です。

EPAサプリ、水銀のリスクは大丈夫?EPAとは?

EPAを効率よく摂取するために、サプリメントを活用するのがおすすめです。

青魚のエキスを用いたサプリメントは、青魚が元々含んでいる水銀を摂取するリスクを心配している方もいらっしゃいますが、サプリ形状になる際に取り除かれています。

大手の商品であれば、全く心配する必要はありません。

むしろ、水銀のリスクは、生魚の過剰摂取が危険です。特に幼児期のマグロの食べ過ぎは、おすすめしません。

そういった意味でも、サプリメントからの摂取が、体への負担が少なく、手軽に効果を発揮できます。

魚アレルギーで魚が食べられない!他の食品でDHA・EPAを摂る方法は?

脳で働いて記憶力や学習能力を上げるDHAと、血栓を防いで血液をサラサラにするEPAは、両方一緒に摂取すると相乗効果があります。

これらを多く含んでいる食品の代表が、アジ・イワシ・サンマなどの青魚です。

しかし毎日魚を食べるのは実際には難しく、また魚アレルギーの方もいるでしょう。そんな方々に有効なのが、サプリメントからの摂取です。

DHAとEPA各々の役割

DHAとEPAの違い生活習慣の乱れた忙しいサラリーマン、ワーキングウーマン。

不規則な生活と接待飲みが多く、ノミニケーションを続けているほとんどの方は、血液がドロドロの状態です。

そんな方に、DHA、EPAが威力を発揮してくれます。

ただし、そのドロドロな血液をサラサラにするための効果の違いに少し差があります。

DHAは、赤血球、血管の細胞を緩やかにすることに効果を発揮。血流を促進します。

EPAは、血栓、すなわち血の塊を予防することに効果を発揮し、血栓予防による血流促進をする働きを持ちます。

DHAは脳に入り込むことのできる珍しい成分ですので、脳に働きかけます。

それが、DHAを摂取すると頭が良くなると言われる所以です。

どちらも血液をサラサラにする効果を持ちます。

偏ることなく過剰摂取はせず、どちらもバランスよく摂取すれば、相乗効果が期待できます。

EPAとはDHAの関係性

DHAとEPAの成分は同時摂取が好ましく、血管疾患を抑えるために効果的とされています。

ともに血流促進と関係性があり、動脈硬化が気になる方から愛用されています。動脈硬化によって血流が悪くなると、血管癖ももろくなっていきます。

血栓は目で確認できないからこそ、普段から血液をサラサラにして予防する必要があります。

血流の状態も目視ではわかりませんが、健康診断を受診している方なら健康状態を把握できるでしょう。

健康診断を受けることは健康の第一歩であり、不健康の原因を知るためにも役立ちます。

近年話題の健康食品にはDHAサプリがあり、昔から存在するサプリですが最近は特に人気が高まっています。

魚をあまり食べない日本人が増えているため、より需要が高くなったのでしょう。

最近記憶力が低下してきたと感じたら、DHAサプリを飲むべきタイミングと言えます。

血栓を予防して脳梗塞や心筋梗塞を防ぐためにも活用しましょう。

DHA・EPAサプリの種類によって飲むタイミングが違う

DHAは血管や赤血球の細胞膜を柔らかくすることで血流を促進させます。

一方EPAは血栓を作らせないようにして血流を良くします。

サプリの選び方としては両方同時に摂取できるタイプを選びましょう。

DHAとEPAの相乗効果

DHAとEPAの相乗効果DHAとEPAの相乗効果は、単体で作用するよりも優れていますから、両方を同時に摂取してください。

DHAによって血液をサラサラに保ちながら、EPAが補佐するために働く構造になるため、非常に相性が良い組み合わせです。

血栓の原因を取り除いたり、血管年齢の老化の源を除去する働きもありますから、幅広い世代にとって役立ちます。

2つの成分が青魚に含まれていますが、全く食べないなら効果がありません。

最近では食の欧米化や多様化の影響で、青魚を食べる機会は減っていますが、DHAとEPAの相乗効果に優れるサプリも利用すれば、健康維持の手間を省けます。

動脈硬化を下げるDHA・EPA

動脈硬化はサイレントキラーとも呼ばれており、自覚症状なく進行するのが厄介です。

血液がドロドロになってもすぐに体調不良にはならず、異変を感じた時にはかなり重症化しています。

そうした意味では肝臓疾患全般に共通しているとも言えるでしょう。

DHAとEPAは血流サラサラに効果的であり、 毎日飲むことで体調が少しずつ好転していくでしょう。サプリはすぐに自覚できませんが、それゆえに副作用の心配まずありません。

長期飲用、健康維持が目的であり、特に血管疾患を予防したい方に適しています。

血管癖を柔軟に保っておけば、血栓や破裂などの危険な症状も予防できます。

EPAとDHAのすすめ。血圧との関係は

EPAとDHAは元気に泳ぐ魚の中に含まれている成分です。

健康に関する予防や改善に高い効果があるとされ、近年注目を集めています。

EPAとDHAは、血液を健康な状態に保ち、血管の弾力にも効果があります。

血液が健康な状態であるとは、血液が流れやすくなっていることですので、高血圧の方が毎日飲み続ければ改善につながると言われています。

1日の摂取量も決められていて、食事だけでは毎日必要な量を摂取するのは難しいので、サプリメントで足りない分を補いたいです。

» DHA・EPAサプリ 公式ページ一覧

-DHA・EPAサプリをもっと知りたい

関連記事

DHA・EPAサプリと一緒に摂取するといいビタミン

健康のために「ビタミンE」とDHA・EPAサプリを同時に摂るように工夫しましょう。 ビタミンEは食材から摂取できるものですが、ナッツ類や植物油には特に多く含まれています。 ダイエットや栄養補助を目的に …

アトピー

DHAサプリでアトピー、アレルギーを改善

アトピー性皮膚炎ってホントになかなか治りませんよね。 私は、小学校低学年頃に発症してから、既に30年を過ぎました。とても長い付き合いです。 重度ではないですが、完治したかなと思う頃、忘れた頃にまた、背 …

高コレステロール

悪玉コレステロールに対するDHA・EPAサプリの評価

悪玉コレステロールが溜まると血液をドロドロにするだけでなく、肥満や便秘の原因にもなります。 年齢を重ねることで腸内環境が悪くなっていき、悪玉コレステロールが増加することはよく知られています。 コレステ …

うつ病

うつ病にDHA・EPAサプリは有用か?

うつ病にDHAやEPAのサプリメントが有用であるという明確な研究結果は出されていませんが、DHAやEPAそのものが何らかの作用を及ぼしていることは確かです。 そもそもうつ病自体が原因不明の病であり、確 …