DHA・EPAを学ぶ

DHA・EPAの血圧や血液、血管へのはたらき

更新日:

DHA・EPA、高血圧DHAとEPAは、元気に泳ぐ魚の中に含まれている成分です。

これらは青魚に多く含まれており、食べることで私たちの健康により良い影響をもたらします。

体内で生成することができない不飽和脂肪酸で、オメガ3脂肪酸に分類されます。

このオメガ3脂肪酸には、コレステロールや中性脂肪を減らしたり、生活習慣病や高血圧を予防する効果がありますが、働き方に違いがあります。

DHAは、人の脳や神経系に関わる成分で、乳幼児の脳や神経の発達への効果がよく知られていますが、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす働きもあります。

EPAは、血液の健康を守る働きがある物質として発見されました。

血液の流れを良くする働きに優れていて、血栓を溶かし血管を拡張します。

血液中の健康、特に血栓をできにくくする効能があります。

高脂血症を改善し、動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立ちます。成人が摂取すると効果的です。

EPAには血管をやわらかくしたり、血液をさらさらにする効果の他、抗アレルギー作用や抗がん作用、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの働きを高める効果もあります。

どちらも同じ効果が期待できますが、DHAは脳や神経に直接働きかけ活性化、EPAは血液や血管に働きかけ、健康を増進させます。

これらの働きにより、高血圧や動脈硬化を予防します。

DHAとEPAは、血液を健康な状態に保ち、血管の弾力にも効果があります。

魚油には必ずDHAが含まれています。
とは言っても、どの魚をどれくらい食べたら良いかわかりません。

そこで、利用したいのがDHAとEPAが含まれているサプリメントです。

血液が健康な状態であるとは、血液が流れやすくなっていることですので、高血圧の方が毎日飲み続ければ改善につながると言われています。

1日の摂取量も決められていて、食事だけでは毎日必要な量を摂取するのは難しいので、サプリメントで足りない分を補いたいです。

一日何粒という標準的な摂取量がはっきりしていて、わかりやすく効果的な摂取法です。

血液を元気にするDHA・EPAサプリ

「必須脂肪酸」は、人間の体内で重要な働きをしてくれています。重要な働きがあるのに食事からしか摂れません。

必須脂肪酸とは、DHAとEPAのことです。

体の中の重要な部分を構成する成分で、体内で不足すると体調不良や大きな病気を引き起こす原因になります。

DHAは、悪玉コレステロールが上がることや、血液が硬くなることに効果を発揮し、EPAは、血液中の脂質のバランスを整える働きがあります。

個々に素晴らしい活躍がありますが、この2つの成分DHAとEPAは一緒に摂ることでパワーアップし、より良い健康効果が得られます。

ですから、サプリメントは2つの成分が配合された商品が多いです。

DHA・EPAで血液を健康にしましょう

DHAとEPAは、血液の健康に欠かせない成分です。

ですが、食品から一日に必要な量をなかなか摂れません。

サプリメントでカバーする方が増えています。

食品で摂ろうと思うと、マグロなら1本から2本分くらいの量を食べないと十分には摂れませんが、サプリメントなら1錠くらいで済みます。

血液の健康を考えるなら、DHAとEPAはサプリメントが楽だと思います。

血液が健康でないと、心臓病などの大きな病気を招くおそれがあるので、予防は必要です。

DHA・EPAで高血圧を解消

刺身魚油に豊富に含まれるDHAやEPAは血液の粘度を下げる効能があり、結果的に高血圧の解消に繋がります。

DHAは血液の粘度を下げ、血液の流れを良くなれば、脳の働きが活性化します。

またEPAは血管を柔らかくするので、心筋梗塞や脳梗塞を予防します。

食生活のバランスが乱れがちな現代社会において、積極的に摂りたい栄養素です。

健康体の方は赤血球に柔軟性があり変形できるため、毛細血管にも入り込めます。

しかし、DHAが不足してしまうと赤血球が硬化するので毛細血管に入り込めず、流れが悪化します。

EPAを摂取すれば、元来の柔らかさに戻るため、血液の流れが元通りになり高血圧症が改善されます。

こうした2つの相乗効果と一連の流れにより脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化や糖尿病といった重病を予防する効果が認められています。

DHAやEPAには血流を改善する効果があり健康になる

血流が悪くなっていると細胞が酸欠になり、ちょっと運動するだけで体が音を上げてしまいます。

非常に疲れやすい体質になってしまうので、これを解消するためにDHA・EPAサプリの利用をおすすめします。

DHA・EPAは血流をよくして、脂肪を燃えやすくします。

余分な体脂肪をしっかりと落として体重が適正値となり、運動をしても足腰に負担がかからなくなります。

健康的に運動をするためにも、肥満体型は改善していきましょう。

肥満を防げば、血流サラサラにもつながるため、脂質異常症や高血圧の予防になります。

両親がこれらの症状に悩まされているなら、遺伝の影響により自身も血管疾患のリスクが高くなると考えるべきです。

血栓予防に効果的な栄養素とDHA・EPAサプリ

血栓予防に効果的な栄養素に加えて、DHAとEPAをサプリからも吸収すれば効果的です。

血栓予防を促進する成分としては、納豆に含まれるナットウキナーゼが有名です。

さらに、ニンニクや玉ねぎの辛味成分となるアリシンにも同様な効果があるため、サプリの原料としても使われています。

日本の伝統的な和食では、主菜としてサンマやイワシなどの焼き魚を添えて、副菜には納豆や海藻の煮物を選ぶことが一般的でした。

このような食事にすれば、血液の健康にとっても理想的ですが、最近では魚を食べない人が増えています。

そのため、足りない分はDHAとEPAのサプリから補いながら、納豆やニンニクは好みに合わせて食卓で利用する習慣が広まりました。

血液がドロドロのサラリーマン

DHAとEPAの違い生活習慣の乱れた忙しいサラリーマン、ワーキングウーマン。

不規則な生活と接待飲みが多く、ノミニケーションを続けているほとんどの方は、血液がドロドロの状態です。

そんな方に、DHA、EPAが威力を発揮してくれます。

DHAとEPAは血液をサラサラにする作用があるので、動脈硬化を防いで脳卒中を予防できます。

血液がサラサラになると、細胞に栄養分や酸素がしっかり運ばれるので、乳酸が効率的に排出され、疲れが残りにくくなります。

ただし、そのドロドロな血液をサラサラにするための効果の違いに少し差があります。

DHAは、赤血球、血管の細胞を緩やかにすることに効果を発揮。血流を促進します。

EPAは、血栓、すなわち血の塊を予防することに効果を発揮し、血栓予防による血流促進をする働きを持ちます。

DHAは脳に入り込むことのできる珍しい成分ですので、脳に働きかけます。

それが、DHAを摂取すると頭が良くなると言われる所以です。

どちらも血液をサラサラにする効果を持ちます。

偏ることなく過剰摂取はせず、どちらもバランスよく摂取すれば、相乗効果が期待できます。

DHAとEPAの相乗効果で血液サラサラ

DHAとEPAの相乗効果DHAとEPAの相乗効果は、単体で作用するよりも優れていますから、両方を同時に摂取してください。

DHAによって血液をサラサラに保ちながら、EPAが補佐するために働く構造になるため、非常に相性が良い組み合わせです。

血栓の原因を取り除いたり、血管年齢の老化の源を除去する働きもありますから、高血圧で悩んでいる方にとって役立ちます。

2つの成分が青魚に含まれていますが、全く食べないなら効果がありません。

最近では食の欧米化や多様化の影響で、青魚を食べる機会は減っていますが、DHAとEPAの相乗効果に優れるサプリも利用すれば、健康維持の手間を省けます。

DHA・EPAが血管疾患を予防

動脈硬化はサイレントキラーとも呼ばれており、自覚症状なく進行するのが厄介です。

血液がドロドロになってもすぐに体調不良にはならず、異変を感じた時にはかなり重症化しています。

そうした意味では肝臓疾患全般に共通しているとも言えるでしょう。

DHAとEPAは血流サラサラに効果的であり、 毎日飲むことで体調が少しずつ好転していくでしょう。サプリはすぐに自覚できませんが、それゆえに副作用の心配まずありません。

長期飲用、健康維持が目的であり、特に血管疾患を予防したい方に適しています。

血管癖を柔軟に保っておけば、血栓や破裂などの危険な症状も予防できます。

DHAとEPAの成分は同時摂取が好ましく、血管疾患を抑えるために効果的とされています。

ともに血流促進と関係性があり、動脈硬化が気になる方から愛用されています。動脈硬化によって血流が悪くなると、血管癖ももろくなっていきます。

血栓は目で確認できないからこそ、普段から血液をサラサラにして予防する必要があります。

血流の状態も目視ではわかりませんが、健康診断を受診している方なら健康状態を把握できるでしょう。

健康診断を受けることは健康の第一歩であり、不健康の原因を知るためにも役立ちます。

近年話題の健康食品にはDHAサプリがあり、昔から存在するサプリですが最近は特に人気が高まっています。

魚をあまり食べない日本人が増えているため、より需要が高くなったのでしょう。

最近記憶力が低下してきたと感じたら、DHAサプリを飲むべきタイミングと言えます。

血栓を予防して脳梗塞や心筋梗塞、高血圧を防ぐためにも活用しましょう。

マグロに多く含まれるDHA成分で血液サラサラ効果

日本人に馴染みが深い魚の一つにマグロがありますが、実はマグロには最近話題のDHAが豊富に含まれています。

DHAには血液をサラサラにする効果があります。

血流がスムーズに流れる要因の一つに赤血球の柔軟さが挙げられます。

赤血球が硬くなってしまうと細い血管を流れにくくなってしまい、血流が悪くなります。

しかし、DHAには赤血球を柔軟にする効果があるため、血流を促します。

さらに血中の余分な悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果もあるため、血液をサラサラできます。

DHA・EPAの血液、血管への役割

DHAは血管や赤血球の細胞膜を柔らかくすることで血流を促進させます。

一方EPAは血栓を作らせないようにして血流を良くします。

魚を積極的に食べることで脳や血液中の健康を保てます。

魚嫌いの方はサプリメントで摂取するのが効果的です。

サプリは両方同時に摂取できるタイプを選びましょう。

まとめ

DHAとEPAは非常に多くの効果を持つ栄養素で、生活習慣病や高血圧を予防する効果がある。

血管や血液を健康に保ち、脳梗塞や心筋梗塞といった血栓による重大な病気を予防してくれる。

ドロドロな血液をサラサラにする。

血栓の原因を取り除いたり、血管年齢の老化の源を除去する働きもあり、高血圧で悩んでいる方におすすめ。

サプリは両方同時に摂取できるタイプを選び、毎日飲み続ければ高血圧の改善につながる。

» おすすめDHAサプリを比較する

-DHA・EPAを学ぶ

» DHAサプリ ランキング

関連記事

DHA・EPAの効果とサプリメントの効能

DHA、EPAを多く含む食品としてまず挙げられるのが青魚です。 日本人の食卓に昔からなじみ深い青魚に含まれるこの成分の素晴らしい効果に迫ると、そこには様々な効能が認められています。 目次1 DHA・E …

DHA、EPAの違い それぞれの役割について

DHAとEPAは同じように扱われていて、その効果もあまり違いがないかと思われがちです。 しかし、まったく同じ成分ではありませんし、どこに違いがあるかを知っておきましょう。 DHAとEPAはいずれもよく …

DHA・EPAサプリの副作用について 20の見解

食事からDHAやEPAを自然に摂取できれば理想的ですが、なかなかそうもいかないと健康食品サプリメントが誕生しました。 健康食品はその名に含まれる通り食品ですから、副作用は基本的に心配しなくてよいです。 …

n-3系脂肪酸(DHA、EPA、α-リノレン酸等)の摂取量

北海道よりもはるか北、北極に近い氷の世界に住む人々は野菜が採れませんので、まず、野菜を口にしません。食料は肉や魚ばかりです。 北の人々は、栄養バランスが偏って心筋梗塞や脳梗塞などを招く生活習慣病に、陥 …

DHAとEPAはどんな食品に多く含む?魚、えごま、亜麻…

DHAとEPAは、細胞を錆びさせないオメガ3系の不飽和脂肪酸です。 目次1 DHAとEPAを食品から摂取するにはどうしたら?2 お魚からDHAとEPAを摂りこむ3 摂りこむ Q & A4 魚以 …